カリッ&モッチリ、話題のカヌレの新店【ルクレール 西新店】

 福岡市地下鉄西新駅から徒歩約8分。中西商店街に、カヌレ専門店「ルクレール 西新店」(福岡市早良区)が7月25日にオープンしました。工房で焼き上がったばかりの手作りカヌレが味わえます。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 仏・ボルドー生まれの伝統的な洋菓子カヌレ。「ルクレール西新店」は、手作りカヌレの専門店です。店内の工房から焼きたての甘い香りが漂っています。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 同店は、6月にオープンした警固店(中央区警固)に続き、2店舗目の展開。イートインはなく、持ち帰りのみの販売です。店の奥には工房が併設され、専用のオーブン2台が備わっています。  実はここのカヌレ、2019年4月から福岡市内4カ所(南区野間、早良区西新、博多区祇園、中央区大名)のカフェやバーで曜日・数量限定で販売されていたところ、スイーツ好きの間で話題に。開店前から行列ができたり、販売開始から1時間で売り切れたりしたこともあるそうです。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 西新店では「プレーン」と「スペシャル」2、3種類が販売されています。どちらも直径約5cmサイズです。  定番「プレーン」(1個130円税込み)は、北海道産のバター、九州産の卵など、厳選した材料で手作りされています。  表面はカリッとした食感で香ばしいカラメル風味、生地は柔らかくしっとりモッチリした食感。生地がみっちり詰まっています。卵やミルク、バターがぜいたくに使われ、リッチな味わいです。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 その日によって、いろいろな味わいが楽しめる「スペシャル」(各220円)のレシピは、なんと50種類もあるそうで、「レモンクリーム」「塩キャラメル」「カスタードクリーム」「コーヒー」「チョコレート」「ブルーベリー」「ほうじ茶」「シナモン」などの中から日替わりで2、3種類が焼かれています。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 工房で腕をふるうのはフランス人のロマン・ガブリエルさん。「(少し固めの)クラシックなレシピとは違い、ふんわり柔らかなのが特徴。福岡で一番おいしいカヌレだよ」と笑います。カヌレのレシピの基本はロマンさんのママ(お母さん)から教わったと言います。  ロマンさんは、2015年に来日。それ以前にはベルギーの有名チョコレートブランド「ノイハウス」で働いた経験の持ち主。季節の果物やスパイスなど、素材の持ち味をいかした「スペシャル」のフィリング(中身)のレシピはインスピレーションで発想するそうです。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

 「スペシャル」の人気第1位は「レモンクリーム」。レモン果汁とバターを使ったレモンクリームがたっぷり入っています。爽やかな酸味で夏のシーズンにぴったり。  第2位は「塩バターキャラメル」。キャラメルクリームは口当たりなめらか、濃厚な味わいで塩味がアクセント。ファンが多い一品です。  第3位は「カスタードクリーム」と「アールグレイ」。他にもスイスのダークチョコレートを使った「チョコガナッシュ」や福岡県八女市産の茶葉をホワイトチョコに混ぜ込んだ「緑茶ガナッシュ」など、魅力的なラインアップです。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

 「手の届きやすい価格にしているのは、多くの人に食べてほしいからです。おいしかったと言われるのが一番うれしいですね。ゆくゆくは西新名物の蜂楽饅頭(ほうらくまんじゅう)さんみたいに、皆さんに長く愛されるお菓子になってほしい」と話します。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 ファンが多い人気のカヌレ。売切れ次第、営業は終了します。その日のメニュー情報や他店の販売スケジュールは、インスタグラムで毎日発信されています。気になる味を見つけたら、早めの来店を♪

ルクレール 西新店

住所:福岡市早良区西新5-15-12 営業:12:00~18:00 月・火曜休 問い合わせ:インスタグラムのダイレクトメールで ※予約は現在受け付けていません。 ※限定店舗についてはインスタグラムで確認を。 インスタグラム@leclerc_japan

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる