~久留仁譲二の小市民日記~ ダイキョーさんのはぎトッツオ ウマし

 こんにちは。器の小さい人間・久留仁譲二です。
前回更新したブログでは酒のアテのことを書きましたが、和洋問わず甘いお菓子も大好きです。
で、きょうは十五夜、中秋の明月でしかも満月が重なるという希少な日、おはぎに関係ある新しく出来たお菓子のことを書きます。

マリトッツオならぬ「はぎトッツオ」

  福岡市南区柳瀬にあるスーパー「ダイキョープラザ 弥永店」で売り出したのは、「はぎトッッオ」(税込324円)です。お気づきのように、マリトッツオの応用版、ブリオッシュというんですか、パンみたいな生地の代わりにおはぎの餡ともち米が台になってます。で、たっぷりの生クリーム。

 こげなやんちゃそうなキャラクターの付いた容器に入ってます。

 ふたを開けると。

 断面はこう。圧倒的なナマクリームです。

 大きさは、長い方で10㎝くらいでしょうか。

 いやあ、見た目通りの味です。実に満足、たちまちペロリ。生クリームがくどくなくあっさりしているところが気に入りました。

 洋の生クリームと和のおはぎ(あんこ+もち米)が同時に味わえる発想は一見奇抜ですが、実にお得な気分です。

 さすが、カレーととんかつを融合させて最高の無国籍料理・かつカレーを産み出した日本人です。

 白い純正のだけでなく、抹茶味もあります。いろんな食べ物に抹茶が使われますが、けっこう人気です。とくに一頃多かった韓国からの観光客のみなさんは抹茶味のお菓子が大好きで、お土産などに沢山買って帰っていた、と聞きました。

 二種類のパッケージ入りはこう↑↓。

 二つ一気に食べると、血糖値が上がって良くないので、時間を置いて食すか、人と分け合って、両方の味を楽しむといいかも。

 このはぎトッツオ、ダイキョーバリュー弥永店(福岡市南区柳瀬1-32-1)にしか売ってないと聞いてて、きょう電話かけたら、「お彼岸の間は長者原店(粕屋町長者原東3-1-10)、野多目店(福岡市南区野多目3-2-1)でも売ってますよ」とのことだったので、さっそく近くの野多目店に買いに走りました。

 なんと、うれしいことに、野多目店では彼岸過ぎても土、日は販売されるようです。

 なお、HPを見ると弥永店では、火、木、土、日がはぎトッツオの販売日だと書いてあります。
 にしても私、本物のマリトッツオはいただいたことないのですが、最近のブームの火付け役は市内六本松のパン屋さんだそうですね。はぎトッツオも福岡から各地に広がるかもしれんですよ。

 甘いもの好きな方は一度試す価値ありだと思います。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる