ギフテッドチャイルド~3歳まで話さなかった娘~

最近、メディアで目にする機会も多い「ギフテッドチャイルド」。その華々しい経歴や、乳幼児期から表れる特異な才能に注目されることが多いですが、実は皆がそうではないんです。今回はIQ145、わが家の娘のケースをご紹介します!

目次

ギフテッドチャイルドとは

写真AC

 ところで「ギフテッドチャイルド」とはどんな子どもを指すのか、ご存知でしょうか? 実は、国によって「ギフテッド」の定義は異なるんです。

 才能教育に先進的なアメリカでは、これまで知能指数の高さ(IQ130以上)で選別することが多かったそうです。けれど近年では、知能指数だけでは測ることのできない突出した才能がある子どもや大人も含めるようになっています。

 日本ではまだ「ギフテッド」の定義を国としては明確に定めておらず、識者や企業・媒体によって「ギフテッド」が意味するニュアンスは異なります。

 ですが日本で「ギフテッドチャイルド」というと、一般的には高知能(高IQ)や誰もが認める明確な才能を持つ子ども、というイメージだと、個人的には感じています。

周囲がどんどん発語する中、娘だけは…

 さて、そんな「ギフテッドチャイルド」ですが、「生後2週間で首がすわった」だの「4~5ヶ月には発語していた」だの、思わず実話かどうか疑ってしまうようなスーパー赤ちゃんのエピソードも耳にしますよね。

 しかし娘はIQが145あり、一般的にギフテッドチャイルドと呼ばれるものの、そのような素晴らしい成長は一切ありません。それどころか「3歳頃までほぼ喋らなかった」「喋っても喃語(なんご)で意味不明だった」という赤ちゃんでした。
 私とは身振り手振りで意思疎通ができていましたし、検診では指示されたことはきちんとできていたので引っかかりませんでした。けれど、ママ友や親戚からは
 「何を話しているか分からない」と言われ、実際2歳頃の娘の動画を見返しても、やはりほぼ喋っていないか宇宙語を話している場面しか映っていません。

 周囲の子ども達がどんどん話し始めてママ達とコミュニケーションを取る姿がまぶしく、娘は大丈夫なのかと当時は不安で胸をしめつけられる日々でした。

会話力が急激にアップした!

写真AC

 そんな娘も3歳を過ぎ、児童館や遊び場などへ行く機会が増えた頃です。娘はおもちゃの貸し借りなど言葉でやりとりができないので、他のお子さんと揉める場面が増えていきました。

 そこでようやく「他の人たちは言葉でコミュニケーションを取っているようだ」と気付いたようで、そこから娘はじっと私の口元を見て発音の仕方を観察するようになり、言葉を反復するようになっていったのです。

 発音の仕方と意思疎通の方法を知った娘は、そこから言葉が大爆発し、会話力も急激にレベルアップ!

 「パパ」といった1語文、「パパ、かいしゃ」のように2語文と徐々に増えていくのでなく、ある日突然
 「パパきょうかいしゃよるごはんいらないあすおべんとうよ」といった具合に文章で話し始めたのです。

 定型児のように一般的なスピードでの成長ではありませんし、よくあるギフテッドチャイルドのように生後半年以内に発語したというような華やかな成長ではありませんが、いずれにしても娘は3歳を過ぎて「話せる」ようになったのでした。

 周囲と同じスピードで成長できない彼女へ不安を抱くこともありましたが、今では「娘なりの成長の多様性」をもっと楽しみながら育児できると良いな、と思うようになりました。

 そんな娘の驚きエピソードはまだまだあるのですが、今回はここまで。また次回のご紹介をお楽しみに!

(ファンファン福岡公式ライター / Amy)

あわせて読みたい
ギフテッドチャイルド児が語った胎内記憶に驚愕! 最近よく耳にする「ギフテッドチャイルド」。わが家の7歳の娘もIQ140以上あり、たまに驚異的な記憶力を発揮して親を驚かせることがあります。今回は、3歳頃に胎内記憶について聞いたエピソードをご紹介します。
あわせて読みたい
3才息子がなかなか言葉を話さず募る不安…でも、あるきっかけで急に変化が 育児中のママは、いつだって我が子の成長を気にかけています。特に一人目の育児は、はじめての子育てに手探り状態。体の大きさや、歩き始める時期、言葉の発育など、「...
あわせて読みたい
「帰りたくない」ぐずる子どもを素直にする魔法の言葉 小さな子どもたちはお出かけが大好き。 いつまでも遊びに夢中になって、なかなか家に帰りたがらず困った経験をお持ちの方は多いのでは?私も常々悩まされていたのですが...

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる