今年ならではの楽しみ方を考えよう! 親子で語ろう「10トレ」

 再拡大する新型コロナウイルスの中での修学旅行に関する西日本新聞の記事です。子どもの考える力を養う「10分トレーニング」を使って、親子で考えてみてください!

出典:ファンファン福岡
目次

1.まずは記事を読んでみよう!:“密”なき修学旅行を模索 現場の苦悩 「中止やむなし」の声も

出典:https://www.ac-illust.com/

近隣に変更、日程短縮…バス台数増も

 7月以降、新型コロナウイルスの感染が国内で急激に再拡大する中、秋口から本格的なシーズンを迎える修学旅行に暗雲が垂れこめている。九州では遠距離移動に伴う感染リスクなどから行き先を近隣に変更する動きが出始めたほか、感染状況次第では「中止やむなし」の声も強まっている。不安を抱える保護者も少なくなく、学校関係者は頭を悩ませている。(泉修平)  今秋、3年生約100人が京都や奈良を2泊3日で回る計画だった北九州市立足立中は、福岡県太宰府市を中心とした日帰り旅行に変更した。バス移動で片道1時間ほど。生徒が「密」になる移動時間をなるべく短くするよう配慮した。

出典:https://www.ac-illust.com/

 北九州市教育委員会が今月10日、感染防止や授業時間確保のため、修学旅行は日帰りか1泊2日、行き先を市内や県内、近隣県に限定する方針を打ち出したことを受けて見直した。同校は春の予定を秋に延期しており、計画変更は2度目。有松洋和校長は「都市部を訪れて感染することを心配する保護者は多く、気持ち良く実施するためにはこの選択肢しかない。万が一、陽性者を出したら保護者に説明が付かない」と話す。  九州各地の教委によると、佐賀市の中学校5校が行き先を関西から鹿児島県に変更。長崎市では小学校2校が熊本、福岡両県を断念して県内に変え、中学校1校は通常の2年時ではなく3年時に延期した。鹿児島市では、今月上旬までに小学校78校のうち33校が県内旅行への切り替えを決定または検討する。  また、福岡県内では、貸し切りバスの台数を増やし、2人掛けの席に1人ずつ座って生徒の距離を確保する学校もある。

出典:西日本新聞社

 福岡、熊本、大分の3市は今のところ修学旅行先の変更などの方針は示していないが、いずれも「感染状況次第で変更は十分あり得る」との立場だ。  九州7県の感染確認は26日に126人となり、初めて1日当たり100人を突破。佐賀市の担当者は「予定通り実施できるか微妙な状況」と気をもむ。九州最多の感染者を出す福岡市の担当者は「旅行で市外にウイルスを出す恐れがあることも考慮しないといけない」と話す。  多くの自治体は、直前で中止を決めた際のキャンセル料の公費負担も検討している。

出典:https://www.ac-illust.com/

 全国では、茨城県つくば市や甲府市など複数の自治体が本年度の修学旅行を中止した。九州の教委担当者は「修学旅行は教育的な意義も高く、学校生活のかけがえのない思い出にもなる大事な行事。なんとか行かせてあげたいが、子どもたちの安全を守ることが何より大切だ」と話した。

出典:https://www.ac-illust.com/

2.設問に答えてみよう! 口頭でもOKです

問1 記事の内容と違っているものを一つ選んでください。 (1)佐賀市の中学校5校の行き先は鹿児島県だ。 (2)長崎市の小学校2校は、行き先を熊本、福岡両県から長崎県内に変更した。 (3)バスの台数を増やし、2人掛けの席に1人ずつ座って生徒の距離を確保する鹿児島市の学校もある。 問2 北九州市立足立中が修学旅行を日帰りに変更した理由は何ですか。 問3 福岡市の担当者は、同市が九州最多の感染者を出していることを踏まえ、どんなことを心配していますか。

3.感想などを親子で話し合ってみよう!

 新型コロナウイルスの影響で、修学旅行の雲行きが怪しくなっているようです。大事な思い出づくりの場である修学旅行ですが、今年は「密」を避けるため、近場での日帰りなどになりそうな気配が漂っています。親子でしっかり読んでいただき、お子様の声に耳を傾けてみてはいかがでしょうか。

4.解答例です。答えは一つとは限りません

問1の答え:※ファンファン福岡フリーペーパー8月7日号の読者プレゼントに応募する人は、問1の解答を書いてください。 問2の答え:生徒が「密」になる移動時間をなるべく短くするよう配慮したから。 問3の答え:旅行で市外にウイルスを出す恐れがあること。

出典:https://www.ac-illust.com/

 子どもの読解力や考える力を育てる10分トレーニング(10トレ)  今回の10トレ、いかがでしたか? ファンファン福岡では随時、更新していきます。 ☆「もっと10トレのことを知りたい!」という人は「子どもの読解力を育てる家庭でできる10分トレーニング(10トレ)」をご覧ください。登録すると、毎週月・水・金曜に問題と解答例がメールで届きます。無料です。

家庭でできる10分トレーニング

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる