福岡市美術館 小さな秋の音楽会 奥村愛の親子で遊ぼう「はじめてクラシック」

11月3日(水・祝)文化の日、小さなお子さんのための楽しいクラシック・コンサートが開催されます。
バイオリニスト奥村愛さんとピアニスト光田健一さんがナビゲーター。3歳以上であれば参加OKというこのコンサートの魅力を銀座のヤマハ・アトリエでお話しをうかがいました。

目次

みんな「はじめて」がある。
子どもは「はじめて」の連続です。

 子どものためのコンサートはもう随分長くやってきました。もともと子どもが大好きなので、普通のコンサートに未就学児は行けないのが寂しいなと。でも大人と同じコンサートに小さな子どもが一緒に居て楽しいはずがありません。

 自分に子どもが生まれたことが大きな変化と気づきになりました。子どもが何に反応するのか、何を喜ぶのか、何に興味を持つのか、そんな毎日の生活に思考錯誤しながら子どものためのコンサートの在り方を考えてきました。ただ我が子は一人ですが、コンサートとなれば10人、100人、いや、もっと居ることも。。。それぞれが十人十色。子供は素直なので、面白いと感じたら目が輝くし、つまらなかったら騒ぎます。本当にストレートです。けれども大抵は演奏中に騒いだりするお子さんはいません。2~3歳になってコミュニケーションが取れるようになってくると静かに聴いてくれるような気がしています。 

 以前、知り合いのお母さんをコンサートにお誘いしたら、「いやいや、うちの子どもには無理です。ご迷惑をおかけするので」と仰られました。それでも実際にはいらしてくださったのですが、そのお母さんはびっくり!「うちの子がこんな風に音楽を聴けるなんて」と。お母さんの知らないお子さんの姿でした。
 
 みんな「はじめての体験」の積み重ねです。特に子どもは「はじめて」のことばかり、その連続なのです。でもその「はじめて」がとても楽しかったら、その子供はその体験したことをずっと好きでいられると思うのです。音楽が好き、コンサートに行くのが楽しい!と。

 そして、そんな我が子の姿を見たらお母さん(またはお父さんでもおばあちゃんでも)も嬉しいでしょう? そんな機会を私は提供できたらうれしいのです。

ピアニスト光田健一さんとの共演は自分が一番わくわくしている。

 ピアニストの光田健一さんとは初共演になります。CDを聴かせていただき本当に素敵な音楽ばかり、自分がやってきた世界のものとはまた違うので、同じ曲でもどんな風に変わっていくのか興味深々です。自分が一番わくわくしているかもしれません。創られる音楽がどれも素敵すぎて、どんなコンサートになるか期待でいっぱい。
 だいたい、柏木広樹さん(チェリスト)と親しくされているというだけでもう絶対に「イイ人!!!」だと確信してました。(笑) 

 勝手ですが、柏木さんは私にとって尊敬する人生の先輩、お兄さんのような存在。残念ながら今まであまり共演の機会は多くはありませんでしたが、15年くらい前に東京サントリーホールで開催されたバイオリン・サミットで初めてご一緒して、これがあまりに刺激的だったのです。自分のターニングポイントにもなったような気がします。

 今回11月3日の子どものためのコンサートの前夜、その柏木さんと光田さんと一緒にCrossover night2001というコンサートもやらせていただきます。これは大人のためのお洒落な時間になると思いますので、こちらはカップルや親しいお友達といらしていただきたいですね。

一時期、まじめに福岡でマンション探し、福岡は暮らしやすい大好きな街

 子どもの頃アムステルダムに住んでいましたが、母の実家が福岡だったので長期滞在中に一か月くらい雙葉小学校に通わせていただきました。小学1年生の頃です。かなり個性的で自由奔放な子どもだったようです。生まれて初めて制服を着て学校に行きました。楽しい思い出ばかりで、福岡は第二の故郷のような気がしています。
 食べ物がおいしいことはよく知られていますが、人が温かくて優しい、買い物も便利です。天神は地下街で全て繋がっていますからね。一時期、まじめに福岡に住もうかとマンション探しをしたくらいです。(笑)暮らしやすい大好きな街です。 

 母の実家に滞在した際に犬の散歩で大濠公園に行ったことがあります。この時まだ小さかった娘が公園の池に落ちて大騒ぎになりました。そのたもとである福岡市美術館で今回コンサートを出来ることをとても光栄に思っています。

 STAY HOMEの日々が続き1年半が過ぎました。私自身も多くのコンサートが中止・延期となり、山あり谷あり絶望的な気分になったこともありましたが、家中の楽譜を引っ張り出して弾きまくり、やっぱり私はバイオリンが好きなんだと再認識することが出来ました。日々の演奏活動の中ではそんなことを考える余裕もありませんでしたから。

 大人の方も小さなお子さんも、美術館で楽しく過ごしていただけるような2日間にできたらと思っています。11月にぜひ福岡でお会いしましょう。

銀座ヤマハ・アトリエにてリハーサル中の奥村愛さん

<奥村 愛プロフィール>  
  桐朋学園大学ソリスト・ディプロマコースで学ぶ。第68回日本音楽コンクールで第2位など受賞多数。2002年デビューCD「愛のあいさつ」がクラシック界で大ヒットとなり、以来Avex Classicsより数々のCDをリリースしている。テレビ、ラジオ等の出演も多く、リサイタル活動の傍ら「キッズのためのはじめての音楽会」をプロデュースし、好評を得ている。

公演情報

●親子で楽しむ奥村愛の「はじめてクラシック」   ピアノ共演: 光田健一
日時: 2021年11月3日(水・祝)  1st Stage 13:30 / 2nd Stage 15:30 本公演は約50分の2回公演です。 
会場: 福岡市美術館 ミュージアムホール(福岡市中央区大濠公園 1-6) 
入場料: 全席自由 一人500円 (要予約) 
定員: 各回80名

プログラム:
  エルガー 愛のあいさつ / モンティ チャルダーシュ 
  ディズニー作品より 小さな世界、メアリー・ポピンズ 他 

予約申し込み方法:
 【受付期間】 9月21~10月20日(水)
 【受付フォーム】 下記リンクよりお申込みください

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる