家で食べるラーメンならこれ 「久留仁譲二の小市民だより」

 定年退職して朝昼晩ほぼ家で食べとる久留仁譲二です。

 今回、家で簡単に作れて非常~~~~~に美味のラーメンのことを是非紹介させて下さい。

 まあ、食べ物のうまいかどうかは、あくまで「個人の感想」ということに行き着きますが、ご興味をお持ちいただいた方はお読みいただければ幸いです。

 これ↑がおすすめのとんこつラーメンです。具は手作りのチャーシューとねぎ、ラー油とコショウをたっぷり投入するのが自分流です。血圧に良くないと思いつつ思わずスープまで飲み干してしまう魅力的な一杯です。

 ここ↑、福岡市博多区美野島1-15-1にあります、真鍋食品(電話092-431-3914)で買えます。ラーメン店に卸す業務用の製麺が本業ですが、麺、スープを小売りもしてもらえます。

 福岡市西区の国道沿いにある有名店などもお得意さんだそうです。

  麺の太さも3種類から選べ、他にちぢれ麺や福岡県産小麦を使った「ラー麦麺」など種類豊富なのも魅力です。

 私の両親は40年以上ラーメン屋を営んでましたが、麺の小麦といえばオーストラリア産が普通だと言ってました。が、改良を重ねたラー麦、見事においしくなってます。

 スープは小分けのパック入りです。普通のとんこつもありますが、この↑「醇醸」が気になって、「どう違うんですか?」とお店の方にきいたら、「コクが濃厚」的なことらしいので、食べてみたらおいしいので、気に入ってずっとこれにしています。

 他にも担担麺用のスープとかみそ、しお、珍しいところではしょうゆ味の「鴨スープ」もあります。私はそれはまだ試してませんが。

 ちゃんぽんもの麺にはもちろんちゃんぽんスープ。

 ちゃんぽんは具沢山がおいしいので、その分手間もかかりますが、その価値はある出来上がりになりました。

 先ほど入れ忘れましたが、タンタン麺の写真↑です。ひき肉があればもっとよかったのですが。

 代わりに入れた私が3時間近くかけて作ったチャーシューです。まずまずよかお値段の豚肉を使い、見た目悪くないですが、ちょいとパサパサしてイマイチでした。ほぼネットで見つけたレシピ通りにやりましたが、研究の余地ありですわ。

 真鍋食品の話に戻ります。工場隣接の事務所でラーメンを売っています。

  見学の子どもさん向けでしょうか。

 テレビ番組の取材に来た地元芸人さんのサインも貼ってます。

 お土産用にしたい場合には、こんな箱入りもあります。基本の麺ととんこつスープで4食入り659円(税込、以下同じ)。8食入り1210円。差額を支払えば、麺、スープを他のタイプに変えることも出来ます。

 私は先日、コロナ感染で入院、生命の危機を脱した遠方に住む弟に送ってあげ、喜ばれました。

 *************************************************

 私の定番、ラー麦麺が76円、とんこつ醇醸スープが58円で合計134円。具に少々こったとしても400円もいかないでしょう。で、わたし的には(あくまでわたし的には、ですよ)、そんじょそこいらのお店よりはるかに旨いと思う真鍋食品のラーメン、おうちごはんに一度お試し下さい。

 営業時間は9時から17時。基本的には、水曜日と日曜日がお休みですが、念のために真鍋食品さんにご確認のうえ、行かれたら良いと思います。博多駅から車で10分程度の閑静な場所にありますが、駐車場はないので、コインパーキングに停めるか、公共交通機関や徒歩、自転車で行かれることをおすすめします。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる