ビ-ルと中華と星空と! 天神スカイビアガーデン開催中

 毎年福岡市・天神の夏の風物詩として人気の「TENJIN SKY BEER GARDEN(テンジン スカイ ビア ガーデン)」。福岡市中央区の西日本新聞会館17階屋上で夏季限定営業する人気の食イベントが9月30日(水)まで開かれています。今回は福岡県内に9店舗を展開する人気の中華料理店「八仙閣」とのコラボレーションで、約30種類のメニューが食べ放題に。プレオープンの様子をリポートします。※価格は全て税込み。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

 新型コロナウイルス対策として入口で検温・手指の消毒をし、会場へ入ります。むわっとした夏の熱気に包まれ、まさにビール日和です。薄暮の空の下、漂ってくるスパイシーな香りに食欲も刺激されます。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

 気になる会場のウイルス対策もばっちりで、至る所に消毒液が置かれ、ビールサーバーから注ぐ前は手指を必ず消毒するよう促され、料理はスタッフがサーブしてくれます。各テーブルの距離も広めに取られていますよ。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

 ビールは各メーカーから全5種類がそろっていました。黒ビールもあったので、「ハーフ&ハーフ」にして味わうことにします。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

 ドリンクは、中華料理に欠かせない紹興酒(しょうこうしゅ)などを含む約40種類が用意されています。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

 “炎の料理人”が目の前で本格中華料理を作る「ライブキッチン」では、上海焼きそばを作っていました。やはり麺類は出来たてがおいしいですね。ライブキッチンの実施時刻は不定期なので、出合った時がチャンスです。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

 食事コーナーには春巻きや唐揚げなどの揚げ物や、セイロで蒸した「海老餃子(えびぎょうざ)」、「鹿児島県産黒豚の肉焼売(シュウマイ)」など約30種類のメニューが並びます。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

 「激辛中華祭」と名付けられたコーナーには、びりっとした辛さがクセになる「痺(しび)れる辛さの麻婆(マーボー)豆腐」や、「山椒(さんしょう)香る鶏肉の四川(しせん)風炒め」など、四川料理の「辛さ」と「しびれ」が味わえるメニューが並びます。うま味と辛さの絶妙なマッチがお酒に合いますね。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

 デザートも「胡麻団子(ごまだんご)」など、こちらも中華ならではの品が並びます。  その日の仕入れの状況によって、メニューは変更される可能性がありますが、いつ訪れても八仙閣の本格中華料理の味が楽しめます。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

 多彩な中華メニューと豊富な種類のお酒で、夏の夜空の下、楽しい時間を過ごしてみては。午後5時半までに入店すると、割引になる特典も。詳細は公式ホームページで確認を。

TENJIN SKY BEER GARDEN(テンジン スカイ ビア ガーデン)

期間:~9月30日(水) 平日16:00~22:00、土・日曜、祝日15:00~22:00 場所:天神スカイビアテラス(福岡市中央区天神1-4-1 西日本新聞会館17階屋上) 電話:092-712-4650(予約受付時間11:00~20:00) 料金:大人(18歳以上)4,500円、中高生3,000円、4歳~小学生2,000円

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる