井原山の山頂で有名店「GARAM」のカレーを食べてみた

一人登山を始めて3年。最近のテーマは同じ標高にいる人の中で一番おいしいものを食べる。今回も同じ標高のライバルとの勝負に勝つため、あの行列店のカレーを持参して、オオキツネノカミソリが咲く井原山に挑みました!

水無登山口からいざ山頂へ出発!

今回はカレーがメインなので少し頂上に近い水無登山口から登ります。ちなみに‟水無”とありますが、登山口の時点で川がドバドバ流れています。

出典:やまちゃん

登山口付近から既にオオキツネノカミソリが!和名は「狐の剃刀」といって、葉が細く鋭いことから、こう呼ばれているそうです。ちなみにどうでもいいですが、私はT字カミソリ派です。

出典:やまちゃん

登山道沿いに川が流れていてとても涼しい。

出典:やまちゃん

少し登るとオオキツネノカミソリの群生地がありました。 今年も山に夏が来たことを実感します。 これだけ咲いていればキツネさんも髭剃りに困らないでしょうね。

出典:やまちゃん

頂上直前の藪の道を進みます。 以前、この道でデカい蛇に遭遇した記憶があるので、 文字通りヤブヘビにならないように慎重に進みます。

出典:やまちゃん

井原山頂上へ到着!

1時間4分で到着! 週末ということもあり、山頂は結構人が多かったですが、一人で登っているのは私のみ。 天気は晴れの予報でしたが、少しガスっていて微妙。 まぁメインはなんて言ったってカレーですからね!関係ないです! 頭はカレーでいっぱい。早速調理に取り掛かります!

出典:やまちゃん

山頂クッキングスタート

クッキングと見出しをつけたものの、今回はほぼ水で完結しちゃいます。 いかに楽して、どれだけ美味しい食べ物を山頂で食べれるかずっと考えた結果。 レトルト食品が最強だということに気づきました。 情緒なんて知りません! ということで、まずはカレーから!今回は福岡の有名店「GARAM」さんのポークビンダルを頂きます。

出典:やまちゃん

ジャジャーン!表紙だけでご飯が食べれそう。 中身を取り出し湯煎しつつ、メスティンでご飯の準備。 ご飯は必ず30分浸さないと芯が残って固くなります。 しっかり手間をかけたメスティンのご飯は世界基準のポップな仕上がり。 まさにメスティンビーバーといった感じでしょうか。 (ジャスティンだけに)What Do You Mean?という皆さんはスルーしてください。

出典:やまちゃん

カレーだけじゃ物足りないので、副菜としてポテトサラダを作ります。 今回は気になっていた「じゃがりこポテトサラダ」に挑戦。 この料理は熟練の技が必要になります…。 まずじゃがりこにお湯を入れてマッシュします。

出典:やまちゃん

マヨネーズを入れて混ぜます…

出典:やまちゃん

コンビーフを添えて…完成! 超簡単です。

出典:やまちゃん

今回じゃがりこは「サラダ味」と「チーズ味」2つミックスで作りました。 味はほのかにチーズ味があって美味でしたが、じゃがりこ2つ分はかなりヘビーになるので、 半分ずつ持ってきたほうがいいですね。 私は2つ分作ってしまい大変後悔しました…。

「GARAM」のポークビンダルと「じゃがりこ」のポテサラが完成!

出典:やまちゃん

まずはGARAMのポークビンダルから。 スパイシーかつフルーティー…! 通常では並ばないと食べられない有名店のカレーを並ばずに、 山頂の風を感じながら食べる。なんて贅沢なんでしょう。 ポテトサラダもいい塩梅。 「標高933メートルで美味しいものを食べる選手権」があれば間違いなく優勝しています。 雷山まで縦走しようかと思っていましたが、このカレーを食べたらそんなことどうでもよくなったので、今回の登山はここで下山。

出典:やまちゃん

帰り道もオオキツネノカミソリに見守られながら、無事下山完了。 皆さまもアウトドアのお供に有名店のレトルト商品はいかがでしょうか! 何とも言えない贅沢な気分になること間違いなしです!

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる