【絶メシ】に遭遇!三郡山に眠る「チャンポンパスタ」のレシピとは?

“絶やしたくない絶品グルメ”、それが「絶メシ」!今回は偶然にも遭遇した『ニュー三郡』というお店。ただならぬオーラを放つ看板と店構えに飛び込み取材させていただきました。テレビ取材NGのそのお店には、「チャンポンパスタ」という絶メシがありました。

出典:サラダボウル福岡

お店があるのは、飯塚市は三郡山。 前回記事、あかねやさんのところ天を求めて訪れたもののお休みだったという哀しき帰り道。 目に飛び込んできた看板。 「???三郡」 経年劣化の極み! あかねやに続いてまたしても読みとれない看板!だからこそ、読みたい!

出典:サラダボウル福岡

茶ずんで読み取れないお店の看板、さらに奥にはコカコーラの看板も。砂利の駐車場はもちろんどこに停めたらいいかわかんない。そう、自由。 店構えからもう魅せられ、胃袋と相談することもなく入店決定。

出典:サラダボウル福岡

入ると、お店にはおかあさんがおひとり。 お昼すぎていたのでご主人はお店出てしまわれているとのこと。 雑然としているようできっちり管理されていると思われる店内を見渡すと、表の看板に続いて今度は茶すんだメニューが。

出典:サラダボウル福岡

いい… 好きなんです。なんか。 初めて訪れるお店の中に様々に散りばめられた歴史の欠片を見つけて、勝手な想像をして、勝手に盛り上がってしまうんです。 『このメニューの中から「ニュー三郡」のクリティカルを見つけ出す…』 心の中で静かに自分ルールの謎競技がスタートしようとしていたところに目に入ったのがこちら!

出典:サラダボウル福岡

『チャンポンパスタ 300円』 いや、チャンポンパスタて何?麺麺じゃない? ラーメン焼きそばみたいな!? うどんビーフンみたいな!? フォーパッタイみたいな!?? ありそうでなかったメニューに心中穏やかではいられません。 だって味の想像つきませんもん!しかもそのお値段300円!安っ! ここでまだまだ未熟な絶メシハンター大坪は、たまらずおかあさんに聞いてしまいました。 「チャンポンパスタってなんですか?」 なんと無粋な! 聞かずに頼めよこのスカポンタン! みなさんはどんなお味を想像しますか? まもなくチャンポンパスタの入場です!!!

出典:サラダボウル福岡

ずぉん! こちらが『チャンポンパスタ 300円』 具材は青みの大葉のみ! チャンポン麺を焼きそばソースとケチャップで味付けしてオリーブオイルで炒めたという 大胆かつシンプル、それでいてありそうでなかった組み合わせ! 口にするとまさにありそうでなかった味が広がり、馴染み深いようで初めましてな感覚にちょっとした幸せプチパニック状態。 小腹を満たすのにちょうどいい、お弁当の付け合わせの感じで作ったという『チャンポンパスタ 300円』 抜群のネーミングと納得のお値段に脱帽&敬礼! そして満を辞してこの日大坪が選び抜いた「ニュー三郡」のメインがやってくる…!!

出典:サラダボウル福岡

じゅぅぅぅゎう!! 焼肉定食でいっ! 博多和牛を贅沢に転がした鉄板は夏より熱いね。 しかもタレは門外不出の秘伝のタレで、この味を教えてくれとよく頼まれるみたいなのですが、お店を畳むまでは教えないんですって。 さらにお話をお聞きしたところ、こちら「ニュー三郡」さんは過去にテレビ取材を受けて以降、現在はお断りしているんだそう。 他にも、40年前にお店を始めたきっかけや現在のことなど、 幸運にも他のお客様がいらっしゃらなかったので、沢山お話を伺うことができました。 是非動画で楽しくお確かめください。

https://www.youtube.com/watch?v=1GT0LQP55kE

知れば知るほど“絶やしたくない絶品グルメ”なお店「ニュー三郡」さん。 近くにお立ち寄りの際はぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。 サラダボウル福岡のサイトも是非チェックしてみてくださいね!

サラダボウル福岡

ニュー三郡

福岡県飯塚市山口600-1 TEL:0948-72-3553 営業時間:11:00〜18:00 定休日:不定休

食べログ

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる