ボスママに目を付けられた?! 会話に割り込みしても私だけ無視

 ママ友とのトラブル、色々ありますよね。私が子育て支援センターで遭遇したのは、みんなには感じがよいのに私だけを無視してくるボスママです。他の人との会話に割り込んできたのに、私の存在は無視! そんな戦いの一部始終を語ります。

目次

のびのびした支援センターに安心!

写真AC

 子どもが1歳になった頃、近所の子育て支援センターにはじめて行ってみることにしました。大勢の人と話すのが苦手な私。「ママ友グループがいたらどうしよう…」とドキドキでした。

 訪れてみると、グループはおらず一安心。親子の人数も少なく、スペースは広くのびのびと遊べ、子どもも気に入った様子でした。

 ある日いつもより早めに支援センターに行くと、流行りの服を着たオシャレなママと、3歳くらいの男の子が。
 「こんにちは」と会釈したところ、そのママはなんとスルー。「聞こえなかったのかな?」と思いつつ観察していると、そのママは場慣れしているようで、職員さんとタメ口で話しはじめました。

 オシャレママは、世間話や夫の愚痴、自分が夜に見た夢の話まで喋り通し…。話を聞かされる職員さんも苦笑いで、最後は「ふーん」と生返事でした。

 そのため、私はいつも子育て相談に乗ってもらっている職員さんと話せず、その日はがっかりして帰りました。

もしかして無視されている!?

写真AC

 その後、子どもが早い時間からセンターに行きたがるようになり、よくオシャレママと遭遇するように。挨拶はいつもスルーされましたが「他人と話す気がないのかな」と気にしないようにしていました。

 しかし、彼女は他のママには
 「久しぶり〜!」
 「全然顔見なかったね〜」など感じよく話しかけており、顔が広くボスのようでした。

 また、私が新しく来たママと
 「夜泣きって大変ですよね」と子育てあるあるを話していると、
 「ここのセンターはね~」と説明するそぶりで新しいママを引き離して行ったことも。

 私に友達を作らせまいとしている? とさすがに悲しくなりました。

 そして更にモヤモヤする出来事が。ある日センターに行くと、ボスママ親子だけが。挨拶しましたが、やはりスルー。「露骨すぎ…」と思いつつ子どもと遊んでいると、

 職員さんが
 「今度、異動することになって」と、話しかけてきました。
 「寂しいです」と私。するとボスママが
 「へー、新しい人はどんな人なの?」と割り込んできました。そしてなぜか、ボスママ・私・職員さんの三人で会話する流れに…。

 しかし、一見和やかなようで、ボスママは私をあくまで無視! 私の発言はスルーし目を合わせず、終始ボスママ・職員さん、職員さん・私がそれぞれ話している状況でした。職員さんもどこか焦った表情。微妙な空気を感じていたと思います。

悪い人ではないのかも?

写真AC

 その後、子どもを保育園に入れたため、支援センターに行かなくなりました。しかし、ある日公園にボスママが!

 私の子どもが手を振ったのでドキッとしましたが、さすがにボスママも子どもは無視せず、固い表情ながら手を振り返してくれ、悪い人ではないのかもと思いました。

 「私も挨拶するとき無表情だったな、怖くて暗いイメージを出していたのかも…」と反省しかけましたが、そう考えられるのも会わなくなったからだと思います。

 今回は幸いにもボスママと接点がなくなりましたが、関係の続くママ友だったら… と思うとぞっとします。合わない人ともうまく付き合うスキルを身につけたいものです…。

(ファンファン福岡公式ライター/片岡みや)

あわせて読みたい
ドン引き! 悪趣味すぎる「のぞき見」ママ友  「園ママトラブル」ってよく聞きますよね。面白おかしいものから退園に追い込まれるような深刻なものまで様々あると思います。今回は娘の園で知り合った、ドン引きママとのトエピソードをご紹介します!
あわせて読みたい
ママ友が実践する驚きの浮気防止策! 浮気を防止するための心得とは ママ友に斬新な浮気防止法を教えてもらいました。芸能人の不倫騒動の話題から、妻が妊娠中の夫の浮気についての話になると、「ちょっとした発想の転換で浮気を防止できる」とママ友が言うのです。普段から独自の考えを持っている彼女の浮気防止法、果たしてその内容とは・・・?
あわせて読みたい
幼稚園バザーの裏側 売れそうもない手編みのセーターを持ち込む保護者に困惑 バザーで大人気のハンドメイド雑貨。しかし、なかには、売れそうもない品物を持ち込む人も。「食品以外はOK」というルールが、物議をかもしています。 出典:ファンファ...

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる