熊本県産の栗を使ったショコラで被災地支援

 北九州市のガトーショコラ専門店「Gateau-Lien(ガトー・リアン)」は、小麦粉を使わないグルテンフリー。”焼いているのに生ショコラのようなとろける口どけ”で人気を集めています。 「さらにおいしいものを」と、日々美味を追求するオーナーの吉田光志さんですが、ショックを受けたのが、先月7月の豪雨による九州への甚大な被害。特に人吉など熊本県南部の惨状に心を痛めました。居ても立ってもおられず、共に働くスタッフに呼びかけ、「自分たちに今できることは何か考えようや」と話し合いました。アイデアを持ち寄り、たどり着いた答えは、「熊本県産の栗を使ったショコラを作り、その売り上げの一部を被災地に贈り、復興の一助にしていただこう」ということでした。

出典:リアン

 熊本県は全国でも有数の栗産地なのだそうです。その熊本栗をとろけるようになめらかな生ショコラが一つになれば、おいしくないはずはありません。写真の切り口を見ただけでそのおいしさが伝わってきます。

出典:リアン

 熊本の栗を使った焼き生ショコラ、名づけて「熊本復興栗ショコラ」。分かりやすい”直球勝負”の商品名です。プレーンの焼き生ショコラもイケますが、栗が入ったスイーツはまた一味違うアクセントがあってたまりません。  北九州市の小倉には老舗の「湖月堂の栗饅頭」があり、上品で高級な贈答品として長年愛され続けています。栗の入った焼き生ショコラも、これから「1ランク上の」定番商品になる可能性を秘めています。

出典:リアン

 リアンの栗入りショコラは8月8日(土)から発売されます。1本約350gで税込み3,500円。  吉田オーナーは、「千本の販売が目標で、売り上げの20%を熊本県に寄託して、被災地の復興支援に役立てていただきます」と話します。    この取り組み、既にTNCの「ももち浜ストア」やKBCの「シリタカ」などで取り上げられ、予約注文がどんどん入ってきています。  写真のように、スタッフのみなさんも張り切って販売開始を待ち構えています。

 熊本復興栗生ショコラは、下記「47CLUB」の通販サイトで扱う他、北九州市にあるリアンの店舗、黒崎店(八幡西区熊手1-2-38)、小倉店(小倉北区魚町3-1-11)でももちろん買えます。  また、期間限定ですが、8月12日(水)~18日(火)の間、福岡市の博多阪急地下1階でも販売します。  冷蔵で1カ月、冷凍で3カ月保存できます。  お問い合わせは、吉田オーナー=090-1193-7972まで。

47CLUB通販サイト

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる