しっとり濃厚なスイーツも楽しんで【alu coffee(或珈琲)】

 昔ながらの風情が残る博多の旧市街に、1棟の真っ白なビルが立っています。昨年10月に開店した「alu coffee(アル コーヒー)」。2階にはギャラリーを構えます。

目次

至福の一杯に欠かせないスイーツ「チョコテリーヌ」

 ライトグレーで統一されたスタイリッシュな店内。ショップマネージャーの蔵本卓充さんがにこやかに迎えてくれました。

 かつてはアパレル店やコーヒー店で勤務。現在はイラストレーター兼デザイナーとしても活躍する蔵本さんは「コーヒーはどんな時も生活の一部だった」と言い切るコーヒー愛好家。それでいて「人と話すのが大好き」な親しみやすい人柄で、居心地の良い空間を自然とつくってくれます。

「ドリップコーヒー」(440円)と「チョコテリーヌ」

 豆の仕入れは福岡・久留米に焙煎(ばいせん)所を持つ「コーヒーカウンティ」から。コーヒーは注文が入って1杯ずつ、ハンドドリップで提供します。

 至福の一杯に欠かせないスイーツが隠れた人気商品です。低温で焼き上げたなめらかな「チョコテリーヌ」(550円)やフレッシュレモンとサワークリームで酸味が効いた「チーズケーキ」(550円)など、すべてパティシエ手作り。数量限定なので早めの来店がおすすめです。

入れたての「抹茶ラテ」(630円)
ショップマネージャー 蔵本卓充さん

 「コーヒーは、浅煎り・中煎り・深煎りの3種類を用意しています」と蔵本さん。

呉服町駅から徒歩約10分

alu coffee(アル コーヒー/或珈琲)

住所 福岡市博多区大博町3-28
営業 11:00~19:00
月曜・不定休

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる