スーパーフードで楽しむ秋の和食 ~前編~

 待ちに待った「食欲の秋」の到来です! せっかくなら、旬の味覚をおいしくヘルシーに楽しみたいですよね。そこで、美容と健康にうれしい「スーパーフード」を使った秋の和食をご提案。おなかも心も満たされる秋を味わって。

教えてくれたのはフードコーディネーター 柴田佳世子さん

 雑誌やCM、企業のレシピ考案のほか、福岡県内の短期大学での調理指導など幅広い分野で活躍。手軽においしく作れるアイデアレシピが人気。YouTubeチャンネル「お菓子なキッチン/FoodTVStudio」でレシピを紹介中。

目次

サンマの炊き込みご飯

プチプチ食感が新しい! 

 サンマのうま味が広がる炊き込みご飯は、秋の食卓の主役料理に。低GI食品のキヌアは、糖質が気になる人やダイエット中の人におすすめの食材です。プチプチ食感を楽しんで。

作り方<2~3人分>

サンマは頭から尾まで丸ごと!

1.米(2カップ)とキヌア(大さじ3)は洗って、30分ほど置く。
2.土鍋に(1)焼きサンマ(2尾)、きのこ、水(2カップと大さじ3)、しょうゆ(大さじ2)、みりん(大さじ1/2)、塩(少々)を入れる。
3. (2)を強火にかけ、沸騰したら弱火で14分。その後、強火で1分炊いて、蒸らす。  ※1カップ=200cc 

ココで買えます!

北野エース 福岡パルコ店
※品切れの場合もあります

サトイモの煮っころがし

麻の実の食感がアクセント!

 ねっとりとした食感がおいしいサトイモは、ご飯が進むみそ味に。サトイモを包むみそタレのこっくりとした濃い味わいが楽しめ、麻の実の歯触りがアクセントに。お弁当にもどうぞ。

作り方<2人分>

両端を切ってレンチンすれば皮むきも楽々!

1. 両端を切ったサトイモを電子レンジ(600W)で約5分加熱。皮をむいて一口大に切る。 
2.みそ(大さじ1)、砂糖・みりん(各小さじ2)、しょうゆ(小さじ1)、だし汁(1.5カップ)を中火にかけ、煮立ったら(1)を入れ、落としぶたをする。
3.サトイモが軟らかくなるまで弱火で煮たら、麻の実(大さじ1)を混ぜ合わせる。

ココで買えます!

ナチュ村 福岡パルコ店
※品切れの場合もあります

ゴマ香るおつまみ小鉢

ブロッコリースプラウトで

栄養たっぷりで簡単に作れるブロッコリースプラウトのナムル風小鉢。クセがなく食べやすいブロッコリースプラウトは、ごま油の香ばしさと相性抜群。もう一品欲しいときやおつまみとして大活躍する一品です!

作り方<2人分>

ささみはレンチン後、熱が冷めるまではこのままで!

1. 玉ねぎは薄切りにして、水にさらす。
2.酒を振ったささみ(2本)にラップをかけ、電子レンジ(600W)で約2分加熱。ラップを取らずにそのまま冷ます。
3.ごま油(大さじ1)、しょうゆ(小さじ2)、おろしにんにく(小さじ1)、塩(少々)を混ぜたタレとブロッコリースプラウト(50g)、(1)、(2)を一緒にあえる。

ココで買えます!

にしてつストアレガネットマルシェ薬院店
※品切れの場合もあります

とろ〜り甘酒シチュー

子どもと一緒に食べたい!

 寒くなる季節に食べたいシチューは、甘酒を使えばルーいらず。甘酒のコクのある甘味とだしのうま味がマッチして、長時間煮込んだような深い味わいが楽しめます。甘めの味付けなので、子どもにもおすすめです。

作り方<2人分>

甘酒とモミモミすれば、お肉が柔らかく!

1.袋に甘酒(大さじ2)と一口大に切った鶏もも肉を入れ、よくもむ。
2.バター(大さじ2)、串切りにした玉ねぎ、一口大に切ったサツマイモとニンジン、(1)を弱火で炒める。玉ねぎが透き通ったら、小麦粉(大さじ2)を入れる。
3.(2)に水と牛乳(各1カップ)、顆粒コンソメ(大さじ1)を加えて軟らかくなるまで煮込み、甘酒(約150ml)とブロッコリーを入れてひと煮立ちさせる。

ココで買えます!

北野エース 福岡パルコ店
※品切れの場合もあります

あわせて読みたい
スーパーフードで楽しむ秋の和食 ~後編~  待ちに待った「食欲の秋」の到来です! せっかくなら、旬の味覚をおいしくヘルシーに楽しみたいですよね。そこで、美容と健康にうれしい「スーパーフード」を使った秋の和食をご提案。おなかも心も満たされる秋を味わって。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる