毎月第2、第4木曜日開催「子ども食堂 ほばしらみんなのふね」

 福岡東ほばしらクリニック(福岡市東区)が、毎月第2、第4木曜日に「子ども食堂 ほばしらみんなのふね」を開催しています。管理栄養士監修の食事を提供する他、ワークショップや季節のイベントなども実施されています。

目次

「子どもたちの居場所」を目指して

提供:福岡東ほばしらクリニック

 主催者の福岡東ほばしらクリニックは、福岡市東区名島に2019年12月に開院した、透析のクリニックです。「地域の子ども達の健全な育成に少しでも寄与したい」という思いのもと、今年6月から子ども食堂を開催しています。

 子ども食堂 ほばしらみんなのふねでは、子ども達が遊び、学び、おなかもいっぱいになる場所を目指しています。子どもの自由な空間づくりのため、送り迎え以外の大人の館内利用は遠慮してもらっているとのこと。

提供:福岡東ほばしらクリニック

 栄養士監修のカレーが食べられる他、ワークショップや季節のイベントも実施されています。また、宿題や勉強ができる環境も整えられているそうです。

提供:福岡東ほばしらクリニック

 運営ボランティアも募集しているそうなので、気になる人は問合せてみては。

子ども食堂 ほばしらみんなのふね

主催:福岡東ほばしらクリニック
住所:福岡市東区名島1-28-22
開催日:毎月第2、第4木曜日
料金:無料
時間:15:00~17:45 ※冬期期間は16:45終了 学校の門限時間に準ずる
電話:092-672-1201(担当:杉本)

※利用対象は小学生。兄弟姉妹で未就学児や中学生が一緒の場合はこの限りではありません
※食物アレルギー対応はしていません(食べられないものがある時は教えてください)


※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる