今がたべごろ。ピスタチオ バンザイ! ~後編~

 海外では8〜10月にかけ収穫されるピスタチオ。“ナッツの女王”とも呼ばれSNS人気が加速、ブーム到来! 今食べたい、福岡市内のピスタチオスイーツを紹介します。

目次

ドーナツ

熱々の生地にグレーズがとろける!

ピスタチオグレーズ(380円)
ピスタチオの濃厚な風味がとろり。テークアウトもできます

 今年7月に開店した揚げたてドーナツ専門店でも、ピスタチオを発見! 米・ノースカロライナ州にあるドーナツ店の味に衝撃を受け、粉の配合や水分量を研究したという生地はサクッと軽く、中はフワフワもちもち。注文ごとに1つずつ揚げ、ピスタチオグレーズにくぐらせて提供するため、常に出来たてのおいしさを楽しめます。

ドーナツは約10種類あり、3分ほどで揚げ上がります
「店内で熱々を食べるのがオススメです」と、代表の能見瞬さん

Doughnuts Q(ドーナツ キュー)

住所:福岡市中央区薬院4-8-28 チサンマンション第5博多1階
電話:092-753-7616

バクラヴァ

トルコ旅行気分で本場の菓子を満喫

バクラヴァ・ピスタチオ(2個600円)
バクラヴァのコクのある甘味と香ばしいトルココーヒーがマッチ

 「バクラヴァ」は、薄いパイ生地と砕いたピスタチオを重ねて焼き、たっぷりとシロップをかけて仕上げるトルコの伝統菓子。トルコ西部のエーゲ海に面した都市・イズミル出身のアルダさんと東京出身のアミさんが営むトルコ料理専門店で、本場の味を楽しむことができます。専用の器具「ジャズベ」で入れる本格トルココーヒー(600円)もぜひ。

仲良し夫妻がおもてなし。インテリアにも注目!
「食事も充実!メニューはインスタで紹介」と、オーナーシェフのアルダさん

Kafe Toruko(カフェ トルコ)

住所:福岡市中央区六本松1-3-14 
電話:080-3989-9507
インスタグラム:@kafe.toruko

メレンゲ・マカロン

サクッとかじればピスタチオがはじける!

ピスタチオのメレンゲ(330円、テークアウト324円)
店内やテラス席で楽しめる。スイーツ&ドリンクセット(648円〜)もあり

 世界的なパティシエ、ピエール・エルメが選んだ日本の優れた商品を販売するショップ。注目はピエール・エルメもこよなく愛するマカロンをアレンジした「メレンゲ」です。フレーバーは季節によって変わりますが、現在人気の「ピスタチオ」には砕いたピスタチオが混ぜ込まれています。定番のピスタチオの「マカロン」も1個から購入でき、詰め合わせも販売。

菓子に加え、特製のピクルスや調味料なども販売
「私の推しは、スナックにもなる福岡の“塩のり”」と、店舗責任者の今井希実さん

Made in (メード イン)ピエール・エルメ福岡空港

住所:福岡市博多区下臼井767-1 国内線旅客ターミナルビル3階
インスタグラム:@made_in_pierre_herme

タルト

香りとコクの巧みな四重奏

タルトピスターシュ(583円)
ローストし、キャラメリゼしたピスタチオの食感も絶妙

 今年9月に新装開店し、それを機に新作の「タルトピスターシュ」もお目見え。大名「ジャック」などで研さんしたオーナーシェフ濡石さんが「ぜいたくなタルトです」と語る通り、下から上までピスタチオずくめ。サクッホロリとほどけるタルト生地、重ねたガナッシュ、プラリネ、クリームの全てからピスタチオの芳醇(ほうじゅん)な香りとコクが広がります。

ピスタチオのケーキや焼き菓子も多彩に並びます
「“ヴィエノワズリー”や焼き込みタルトも豊富です」と、オーナーシェフ 濡石勉さん

patisserie petitjour(パティスリー プティジュール)

住所:福岡市西区姪浜駅南1-6-13
電話:092-407-7855

あわせて読みたい
今がたべごろ。ピスタチオ バンザイ! ~前編~ 海外では8〜10月にかけ収穫されるピスタチオ。“ナッツの女王”とも呼ばれSNS人気が加速、ブーム到来! 今食べたい、福岡市内のピスタチオスイーツを紹介します。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる