豪華できれいに! プロが教える、鍋の盛り付けポイント

冬といえば鍋ですよね。鍋を囲んで家族や友達と一緒にわいわい盛り上がって食べたいですよね! しかし、鍋の盛り付けで、野菜やお肉などの具材の並べ方に悩んだ経験はありませんか? 今回は、自宅でも鍋を豪華できれいに見える盛り付ける方法を紹介します。ぜひポイントをおさえて、実践してみてくださいね。

目次

盛り付けで気をつけるべきところは?

出典:合同会社HITOOMOI

家でも鍋をおしゃれに盛り付けるコツは

1. 盛り付け方法
2. 食器・カトラリー選び

の2つにポイントがあります。これから写真付きで細かくレクチャーしていきます。

1. 食材をバランスよく盛り付ける

鍋の盛り付けでは、食材をバランスよく盛り付けることがポイントです。具材の色や切り方を工夫するだけできれいに見えますよ。ここからは食材を盛り付ける順番に、詳細を解説していきます。

白菜の芯を土台にする

出典:合同会社HITOOMOI

白菜の芯を鍋の底におきます。土台にすることで、他の野菜やお肉などが沈むことなくきれいに並べることができます。

白菜、しめじ、肉団子を盛り付ける

出典:合同会社HITOOMOI

白菜は横にして並べ、しめじは立てて、肉団子は他の食材と同じ高さまで積み上げます。鍋の奥から具材に立てかけるように盛り付けていくと並べやすく、きれいな見た目に仕上げることができます。

鶏もも肉、豆苗、人参を盛り付ける

出典:合同会社HITOOMOI

鶏もも肉は肉団子と同じ高さまで入れ、豆苗は白菜に立てかけるように並べます。人参は真ん中に空気を含ませながら立体的に盛り付けていきます。そうすることで動きが出て見栄え良くなります。

出汁を流し入れる

出典:合同会社HITOOMOI

出汁は最後に注ぎ入れます。並べた具材が崩れないように、鍋の端からゆっくりと注ぐことがポイントです。

盛りつけポイントのおさらい

立体的に見せるために、4つの工程・ポイントを意識しましょう!

1. 白菜の芯を土台にすること
2. 白菜、しめじ、肉団子を盛り付けること
3. 鶏もも肉、豆苗、人参を盛り付けること
4. 出汁を流し入れること

これらのポイントを押さえて、是非試してみてください!

2. 食器・カトラリー選び

最後に、鍋の盛り付けに使用した食器のポイントを紹介します。

出典:合同会社HITOOMOI

食器:取り皿は白色のものを使用すること

白色:和食器で白色のような明るい色を選ぶと良いですよ。人参や豆苗などの色鮮やかな食材が映えるので、よりおいしそうに見えます。

カトラリー:木製のものを使用すること

箸:ナチュラルさを出すため、木製のものをおすすめします。自然素材でできているので、心地よさを感じることができ、和やかな食卓にしてくれますよ。

豪華できれいな盛り付けを自宅で再現!

いかがでしたか? 鍋を豪華できれいに見せる盛り付け方を意識するだけで、ランクアップしたきれいなお鍋が作れますよね。紹介したポイントをおさえながら、自宅でも挑戦してみてください。

あわせて読みたい
上品で華やかに! プロが教える、ドライカレーの盛り付けポイント 子どもから大人まで人気のドライカレー。カレーの具材やトッピングを変えるだけで色々な味が楽しめるのも人気の理由の一つですよね。カフェで食べるようなおしゃれなカレーを自宅でも再現してみたい! と思ったことはありませんか? 今回は、自宅でも簡単にドライカレーをセンス良く盛り付ける方法を紹介します。ぜひ友達が遊びに来た時に作ってみてくださいね。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる