読書の秋に「オススメ絵本」レビューコンテスト開催 大賞にクオカードも!

 子どもの感性を豊かに育む読書の時間。すてきな本との出会いは、子どもたちの心に残り、一生の宝物になるはず。今回は西日本新聞社がオススメする児童書8冊で、レビューコンテストを開催します! 投稿されたレビューの中から、各書籍につき1点の大賞レビューを選定します。大賞レビューに選ばれた人には、オリジナルクオカード(2,000円分)を贈呈。たくさんのレビュー投稿をお待ちしております。

目次

「うちのねこ」【アリス館】

高橋 和枝/作 1,540円(税込み)

アリス館

 ある日、野良猫だったおとなのねこがうちに来た。ソファの下に隠れて出てこない。その後もねこは、かみついたり、ひっかいたり・・・。こわくないよ。だいじょうぶ。ゆっくりゆっくり「うちのねこ」になるまでのお話。

「こすってあそべる!ポケモンはみがき」【小学館】

とづか みほ/作 カナヘイ/絵 990円(税込み)

小学館

 指でこすると色が変わる 歯みがき知育絵本。 お子さまの指先に合わせた温度設定を採用し、30℃前後の温度で黒色が無色に変化します。夏場など暑いときは、冷蔵庫で10秒冷やせば、魔法のようにパッと色が戻ります!  そんな驚きも、お子さんの興味をひくこと間違いなしです。

「せかいは ふしぎで できている! 」【絵本塾出版】

絵本塾出版

アンドレア・ベイティー/作 デイヴィッド・ロバーツ/絵 
かとう りつこ/訳 1,540円(税込み)

 3歳になるまで、一言もしゃべらなかったエイダは、じーっとまわりの世界を見ていました。「どうして?」最初の一言が口からこぼれたら、エイダの質問はもう止まりません。でもね、りっぱな科学者たちはみんなエイダと同じだったのです。

「そらのきっさてん」【理論社】

くまくら珠美/作 1,595円(税込み)

理論社

 ここは、空にある、白くて大きなねこの雪男さんが店主の喫茶店。下界での命を終え、旅立ったいきものが集う、メニューのないお店です。このお客さんはどんなひとかしら? それぞれにぴったりな食べ物や飲み物を、さあどうぞ。

「バーナバスの だいだっそう」【学研】

ファン・ブラザーズ/作 原田 勝/訳 2,530円(税込み)

学研

 ペットショップの地下に、秘密の新種生物をつくる実験室があり、そこに、ネズミとゾウのかけあわせ「バーナバス」もいます。「失敗作」のレッテルを貼られたバーナバスでしたが、何とか仲間たちと地下から脱出することに成功して…

「めんめんレース」【ほるぷ出版】

五味 ヒロミ/作 くわざわ ゆうこ/絵 1,100円(税込み)

ほるぷ出版

 いよいよめんめんレースのはじまりです。いっとうしょうになるのは、どのめんかな? いちについて、よーいどん! うどんにラーメン、焼きそばなど、子どもたちの大好きな麺がたくさん出てくるにぎやかなお話を、みんなでハラハラしながら楽しむお話にしました。

「ゆめぎんこう ちいさなおきゃくさま」【白泉社】

コンドウ アキ/作 1,430円(税込み)

白泉社

 夢をアメにして売る不思議なお店、ゆめぎんこう。 店主のぺんぺんと、夢をアメにかえるもぐもぐのもとを訪れたのは、怖い夢をみて眠れないという小さなお客さま。 自分も悪い夢をみるのが怖くて眠れなかったことを思い出したぺんぺんは…?

「ようかいむらのざくざくいもほり」【国土社】

たかい よしかず /作・絵 1,650円(税込み)

国土社

 きょうは、みんなで育てたおいもをとる「いもほり」です。くだんというようかいのぎゅうちんが、きょうのいもほりのことを予言しています。みんなで楽しくたくさんのおいもをほって、ようかいむらにもってかえるのですが…。

「2021年秋冬開催 西日本ファミリー読書 オススメ本レビューコンテスト」応募概要

募集期間:2021年11月6日(土)0:00~2021年12月7日(火)23:59
募集内容:絵本ナビ特設ページに掲載している対象8作品のレビュー(感想、エピソード)
応募方法:絵本ナビ特設ページの「この絵本のレビューを書く」ボタンか、作品詳細ページから応募を。
※投稿は1作品に付き、1人1回限り 発表:12月下旬を予定。入賞レビューの発表は、絵本ナビの特設ページに掲載。入賞レビューについては、絵本ナビ事務局から連絡。
※寄せられた個人情報の取り扱いについては絵本ナビのプライバシーポリシー参照

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる