続々オープン! 韓国っぽカフェ特集 ~前編~

 10〜20代を中心にトレンドを席巻中の“韓国っぽ”=韓国風や韓国っぽいモノ。韓国で人気のモノトーンインテリアや韓国グルメ、スイーツを楽しめる“韓国っぽ”カフェも福岡市内に急増中!2021年オープンの話題店を紹介します。

目次

tyt cafe & bar(ティーワイティー カフェ アンド バー)

2021年8月OPEN! 

空間もスイーツもフォトジェニック

 白やグレーを基調とした、韓国カフェ風のインテリアがスタイリッシュ。テラス席もある空間で5つ星ホテル出身のパティシエが監修するスイーツなどを味わえます。人気は、フワフワなマスカルポーネムースにコーヒーシロップをかけて味わう「白いティラミス」(900円)。特製のフルーツソーダやクラフトビールを片手にくつろぐのもオススメです。

中心にコーヒーのアイスを忍ばせる「白いティラミス」。毎朝手作りのクランチもサクサク!
「ピスタチオラテ」(600円)はアイスもホットも◎
壁のロゴが目を引くベンチシート席

“韓国っぽ”なネオンライト

「焼き菓子やベーグルサンドもどうぞ!」と、マネージャーの山中佑太さん

tyt café & bar

住所:福岡市博多区冷泉町9-6 &HOTEL HAKATA1階
インスタグラム:@tyt_cafeandbar

LOVELESS COFFEE(ラブレス コーヒー)

2021年9月OPEN!

女子会や夜カフェ利用にも最適

ラテのイラストは 月ごとに変化!

 広告やMVなどを手掛ける「akubi Inc.(アクビ インク)」プロデュースで誕生したカフェバー。イラストレーター「Ran.」とプロップスタイリスト「求愛行動/yui」がデザインした廃ホテルを思わせる店内は、まさに“韓国っぽ”! Ran.描き下ろしのイラストを転写するラテ、キッシュやタルト、マカロンなどを多彩に盛る「アフタヌーンティーセット」は写真に収めたくなる可愛さです。

「カフェラテ」(550円)+「ラテアートプリント」(200円)
「アフタヌーンティーセット」は、ドリンク1杯付き(1人2,800円)

夜はチャミスルなどお酒で乾杯!

「午後6時以降は夜限定メニューやハイティーセットも」と、スタッフのゆうかさん

LOVELESS COFFEE

住所:福岡市中央区大宮1-3-22 1階 
電話:092-401-1117
インスタグラム:@lovelesscoffee

鳥たちと樹(き)

2021年4月OPEN!

「韓菓と伝統茶のセット」(990円)。ゆず蒸しパン、もち米の食感とナツメの香りが広がる薬食(ヤクシク)、
花餅(ファジョン)などを、ゆず茶と共に

福岡では珍しい韓菓と伝統茶で一服

 韓国料理専門のキッチンカー「トリタチトキ」が、予約限定で火・木・土曜に営業するカフェ。「キンパプレート」(単品660円、定食990円)などの食事に加え、手作りの「ホットク」(270円)といった甘味も楽しめます。中でも注目は、約3種類の韓菓(ハングァ)と伝統茶を味わえるセット。草花の作品を手掛ける作家「部部-bube-」のアトリエも併設する空間で、心地よい時を過ごせますよ。

韓国料理のテークアウト弁当(640円〜)も予約販売
古いビルを改装した店内

装花やブーケの依頼もOK 

「2日前までにインスタのDMや電話にてご予約を」と、店主の豊田しのぶさん

韓国の今を体験! 2022年1月末まで

 今年7月登場の韓国PRブース。入場無料の館内には、フラワーウォールなどのフォトブースが満載。

 韓服レンタル(要事前予約)や日本未発売のコスメ販売もあり、“渡韓ごっこ”を楽しめます。11/13(土)、14(日)は福岡空港でイベントも!

詳細は公式ホームページへ 

Touch the K. (タッチ ザ ケー)

住所:福岡市中央区天神2-11-1 福岡パルコ本館7階(HIS福岡パルコ営業所内)

あわせて読みたい
続々オープン! 韓国っぽカフェ特集 ~後編~ 10〜20代を中心にトレンドを席巻中の“韓国っぽ”=韓国風や韓国っぽいモノ。韓国で人気のモノトーンインテリアや韓国グルメ、スイーツを楽しめる“韓国っぽ”カフェも福岡市内に急増中!2021年オープンの話題店を紹介します。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる