「アジアフォーカス・福岡国際映画祭2020」20日開幕22作品!

 今年30回目を迎える「アジアフォーカス・福岡国際映画祭」がいよいよ、あす開幕に! 今回は9月20日(日)~24日(木)の5日間、ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13(福岡市博多区)で開催されます。日本未公開作を含むアジアの新作、話題作、および特集など公式招待作品12本をはじめ、日本映画特集、特別上映など20カ国・地域から22作品を日本語と英語の字幕付で上映予定です。

目次

アジアフォーカス・福岡国際映画祭とは?

出典:アジアフォーカス・福岡国際映画祭

 アジアフォーカス・福岡国際映画祭とは、毎年9、10月に福岡市が開催する“アジアと創る”をコンセプトとしたアジアンパーティの主要事業として開催されています。  ディレクターの梁木靖弘さんを中心に、質の高いアジア映画を発掘し、日本や世界に紹介しています。多くの作品が日本初公開で、日本語及び英語字幕が付けられています。これまで映画祭で上映された作品のうち404作品(2020年8月時点)が、福岡市総合図書館フィルムアーカイブで厳格な管理基準の下保存され、アジアの貴重な文化財保護に貢献しているとともに、市民の財産となっています。

アジアフォーカス・福岡国際映画祭2020

出典:アジアフォーカス・福岡国際映画祭

期間:9月20日(日)~24日(木)(5日間) 主要会場:ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13 (福岡市博多区住吉1-2−22 キャナルシティ博多内) 上映作品:アジアの新作・話題作8本、特集4本の公式招待作品12本をはじめ、日本映画特集、特別上映、福岡パノラマなど20カ国・地域から22作品を上映予定 ※上映スケジュールは公式サイトで確認を ※上映作品の詳細は公式サイト、公式パンフレットほかで確認を 主催:アジアフォーカス・福岡国際映画祭実行委員会、事務局 福岡市

Facebook : https://www.facebook.com/asiafocusfukuoka Twitter : https://twitter.com/asiafocus10 ※公式ホームページ・SNS(フェイスブック、ツイッター)で最新の映画祭情報を更新。

https://www.youtube.com/watch?v=IEHjq3ETC3I

<入場チケットについて> 映画祭入場チケットは「当日1作品券」「フリーパス券」のみの販売。 当日、会場チケット売り場で購入を。前売り券の販売はありません。 ●当日1作品券/1,000円、小学生以下無料 ●フリーパス券/10,000円 ※1 ●中高大生・留学生/500円 ※2 ●障がい者/500円 ※3 ※1 フリーパス券を購入している場合も、そのつど会場チケット売り場で当日1作券との交換が必要です。 ※2 割引券購入には当日、年齢などが証明できる身分証(学生証)が必要です。 ※3 障がい者割引を受ける場合は、手帳(身体障害者手帳または療育手帳または精神障害者保健福祉手帳)の提示が必要。付き添い者(1人)も500円です。 ◎座席指定なし。 ◎入場は上映開始の10分前ごろから開始。 ◎入場者多数の場合は鑑賞できない場合あり。 ◎事前申し込みが必要な上映会は同チケットでの入場不可。 ◎チケットは本イベントでのみ使用可。他イベント(協賛企画など)には使用不可。

〈イベント開催について〉 ・海外ゲストの招聘はなし。上映プログラムのみ。 ・座席の間引き、座席の間隔を開ける場合があります。 ・新型コロナウイルス感染拡大防止策を講じた上でイベントを実施。発熱や風邪の症状、体調不良のある人は入場不可。来場にはマスクの着用を。

アジアフォーカス・福岡国際映画祭インフォメーション

電話:080-8392-2783 日時:平日10:00~17:00 ※20日(日)以降は日祝も対応

アジアフォーカス・福岡国際映画祭2020

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる