若手博多人形師の登竜門「博多人形与一賞展」【はかた伝統工芸館】

 「第50回博多人形与一賞展」が8月27日(木)~9月8日(火)、はかた伝統工芸館(福岡市博多区)で開かれます。若手博多人形師の登竜門「博多人形与一賞」は、長年博多人形の発展に尽くした博多人形師・故 小島与一氏にちなんだ賞です。「与一賞」受賞作品をはじめ、出品作品が展示、紹介されます。

目次

若手作家の存在感際立つ力作を展示

出典:はかた伝統工芸館

 国指定の伝統工芸品「博多人形」。繊細な造形、細やかな彩色が特徴で、美人物や武者物のほか、童(わらべ)、歌舞伎、縁起など、さまざまなテーマの人形が生み出されています。  「博多人形与一賞」は、経験年数15年以下の若手博多人形師の登竜門といわれ、今回で50回目を迎えます。博多人形の発展に尽くした博多人形師、小島与一氏にちなんだ賞で、次世代を担う後継者の創作意欲、技術技法の向上を図ることを目的に開催されています。

出典:はかた伝統工芸館

今回、展示・紹介されるのは「与一賞」受賞作品をはじめ20点。作り手に命を吹き込まれた人形は、格別の存在感を放っています。 <受賞作品> 与一賞 「碇 知盛」桑原修  特選 「牧牛図」石井美緒  特選 「祈り、そして光り」野田恵美子  大丸賞 「立ち上がる」阿部範子 博多人形商工業協同組合理事長賞 「夏のおわり」馬場﨑妙子  作品展開催の前日、8月26日(水)には同館で表彰式も開かれ、見学することができます。選出された技能者に興味がある人、感動のシーンに立ち合いたい人は足を運んでみては。 <表彰式> 日時:8月26日(水)18:00~18:30(予定) 場所:はかた伝統工芸館

出典:はかた伝統工芸館

 土の温もりを持つ素焼き人形でありながら、繊細な技術が生かされた芸術性の高い作品を、間近で鑑賞してみませんか。

博多人形与一賞展

日時:8月27日(木)~9月8日(火)10:00~18:00(入館は17:30まで)※最終日は17:00まで 場所:はかた伝統工芸館1階(福岡市博多区上川端町6-1) 料金:無料 主催:福岡市、博多人形商工業協同組合 問い合わせ:はかた伝統工芸館 電話:092-409-5450

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる