ビール党に話題のクラフトビール専門店【BEERHOLIC】

 福岡市地下鉄大濠公園駅から徒歩約6分、クラフトビールメーカー「Far Yeast Brewing」(東京都)の全国3店舗目となる直営店「BEERHOLIC(ビアホリック)」(福岡市中央区)が、6月にオープンしました。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 樽(たる)生ビールが九州最大級の18種類も楽しめるのが、「BEERHOLIC」の一番の特徴。しかも、季節によってラインアップが変わります。さらに、西日本エリアでFar Yeast Brewing社の樽生ビールが常時4種類以上味わえる店舗は、この店が初めてです。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 福岡市中央区高砂のクラフトビール専門酒販店「BEERSONIC(ビアソニック)」とのコラボ店でもあり、ショーケースには国内外約50種類ものビールがそろい、“Drink and To Go”をコンセプトに持ち帰りもできます。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 残暑が厳しいこの季節のおすすめは、スッキリとした程よい苦味が特徴の「東京ブロンド」(レギュラー880円税込み)。  カリッと香ばしいクリスピーチキン(770円)との相性も抜群。フードとのペアリングを楽しみながらクラフトビールを味わえるのも、専門店ならではですね。

出典:ビアホリック

 8月下旬にお目見えした「PEACH HAZE(ピーチヘイズ)」(レギュラー990円)は、山梨県産のモモをふんだんに使用した、今しか味わえない限定商品です。缶(594円)でも販売しており、家で楽しむこともできます。  モモのジューシーな風味とドライな口当たりが絶妙なバランスで、特に女性に人気が高いといいます。Far Yeast Brewingのオンラインストアでは予約販売開始後、すぐに完売するという人気のフルーツエールです。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 他にも、ぜひ味わいたいのが、福岡県八女市の老舗蔵元「喜多屋」とタッグを組んで開発したクラフトジン「馨和 KAGUA GIN(カグアジン)」。ユズやサンショウを加えたエールビールを原酒に使った、唯一無二のオリジナリティーあふれる味わいに仕上がっています。  店内での飲み方はストレート(946円)、ジントニック(1,056円)、ソーダ割り(1,056円)など、好みで!

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 店は大濠公園からすぐの便利な場所にあり、平日は午後3時〜、土・日曜、祝日は正午からオープンしています。    「それぞれのライフスタイルに合わせて、気軽にクラフトビールを楽しんでいただきたいですね」とは、マネージャーの平尾香奈さん。商品は常に入れ替わっているので、セレクトに迷ったら「今のおすすめは?」など、スタッフへ尋ねてみて!

BEERHOLIC(ビアホリック)

住所:福岡市中央区荒戸3-1-2 電話:092-401-1039 営業:15:00〜22:00、土・日曜、祝日12:00〜22:00 無休 ※支払いはキャッシュレスのみ

BEERHOLICフェイスブックページ

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる