ボーナスはなくて当たり前? おバカ旦那の恐ろしい常識とは?

 ブラック企業に長年勤めている旦那は、一度もボーナスをもらったことがありません。テレビでボーナス支給のニュースを見ていたときに「ボーナスいいなぁ」と私がつぶやきました。隣で旦那が放った言葉にあぜん… 結婚して15年も経つのに初めて聞いた衝撃の常識です。

目次

転職回数3回! ブラック企業に勤めるおバカ旦那

写真AC

 うちの旦那は結婚してから3回も転職しています。そのうち1回は会社が倒産したので仕方がないとして、あとの2回はあーだこーだと理由をつけては辞めてしまいました。

 これが最後の転職だと意気込んで採用された会社は超ブラック企業。有給はない、労働時間は長い、給料は安いとブラック企業の見本のような会社でした。それでも他に仕事がない以上、勤めざるを得なかったという悲しい現実があります。

 もちろんボーナスなんてありません。驚いたのは1度だけ年末に
 「餅代もらった」と喜んで1万円もらってきたこと。
 ボーナスじゃないから… と思いましたが、あまりにも喜んでいる旦那がかわいそうで黙っていました。

 何度も転職するように促したものの、なかなか腰を上げず。面倒臭がりの旦那は
 「他に稼げる仕事があれば転職する」と言い訳ばかり。そのうち私も何も言わなくなっていました。

ボーナスは○○の人しかもらえない?

 ある日、仕事から帰ってきた旦那は、朝のニュースを見ながら食事をしていました。ニュースではボーナスの平均額についての話題が…。
 結婚してからボーナスをもらってきたことがない旦那に対し、ちょっとした嫌味が言いたくなりました。

 「ボーナスかぁ、いいなぁ。ボーナスあったら赤字補填できるのにね」怒るかなと思っていましたが、旦那の答えは少し不思議なものでした。

 「そうだよねぇ。俺ももっと勉強しておけばなぁ」
 もっと勉強していればいい学校に入学できて、いい会社に就職できて、ボーナスがもらえたってことなんだろうかと考えてると、さらに不可解な発言が。

 「〇〇(中学の同級生)は県庁に勤めてるから、ボーナスもらってるよなぁ」
 は? 県庁? いやいや、県庁だけじゃなくて、利益の出た普通の会社なら、社員にボーナス支給するだろ! 心の中で一人突っ込みを繰り返す私を見ながら、ついに旦那の衝撃的な一言が発せられたのです。

 「ボーナスもらえんのって、公務員だけじゃん?」 

おバカ旦那の驚くべき常識

 これにはさすがに私も反論しました。
 「公務員だけじゃないでしょ? 普通の会社の正社員なら、よっぽど赤字じゃない限りボーナスは出るよ!」
 すると旦那は、口の中にごはんを詰め込んでモゴモゴしたまま、驚いたような顔で言い放ちました。
 「え?そうなの? 俺もらったことないよ? 公務員じゃないからでしょ?」

 そうか、そういう考えだったから、ボーナスがなくても働けていたんだ… と納得しました。40歳近くまでいろんな会社を転々としていたのに、どの会社もブラック企業だったから、間違った常識がインプットされていたようです。

知らぬが仏? おバカ旦那の常識は非常識

写真AC

 「公務員じゃないとボーナスはもらえない」と信じ込んでいたおバカ旦那。でもその間違ったとんでもない常識のおかげで、ブラック企業でも頑張って働けていたのだと思います。

 ボーナスの会話をした日から、旦那は会社の愚痴が増えてしまいました。これだけの情報社会で、あんな間違った常識を持ち続けられた旦那も旦那ですが、ある意味知らぬが仏だったのかもしれません…。

(ファンファン福岡公式ライター/きなこ)

あわせて読みたい
年2回だけじゃない!? 夫の「隠しボーナス」発覚に大激怒  ボーナスといえば、一般的に「夏のボーナス」と「冬のボーナス」の年に2回だと思い込んでいた私。  もちろん、私が把握している夫のボーナスも夏と冬の年に2回のみだ...
あわせて読みたい
「ボーナスは全部俺のお小遣い」!? ありえない夫と衝突した結果…  結婚して間もない頃の話です。夫婦共働きだったので、当時はお互いが好きなようにお金を使っていましたが、そろそろ子どもが欲しいと考えていた私は、「将来のためにお互いのボーナスの半分を貯金しよう」と考え提案しました。ところが夫は「すべてお小遣いにしたい」と猛反対です。ボーナスの使い道で夫と大モメした体験談をお話します。
あわせて読みたい
結婚して初めて知った! 夫の金銭感覚にドン引き  元小学校教師、現webライターの冬野はなです。今回は、結婚してから辛酸をなめてきた夫との金銭感覚の違いや、わが家のお財布事情について書いていきます。 【新婚当...

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる