ダメ夫、初めての帰省 義姉に持っていかれたお手柄とは

 結婚後、初めて妻の実家へ帰省する時は夫だって緊張するもの。妻としては、家族に夫の良いところをアピールしてもらいたいと願います。うちの不器用な夫も、良いところを見せようと頑張りましたが、そこに現れた私の姉によって、悲しく散り去るのでした…。

目次

初めての帰省、ひたすら気配を消す夫

写真AC

 結婚後の年末年始。夫は初めて私の実家に帰省することになりました。両親に会ったのは、結婚式を含めて3回だけ。不器用な夫は、「変な事をしてしまったらどうしよう」と不安な様子でした。

 沢山の手土産を用意して、特急電車で2時間ほど離れた実家へ向かいました。到着すると、夫は
 「ご無沙汰しております!」とガチガチで挨拶。その後も緊張した様子ではありましたが、積極的に仕事の話などをして、しっかりした夫を演じた、滞在初日でした。

 次の日、私の姉家族も帰省してきました。人数が増えた安心感からか、この辺りから夫が気配を消し始めます…。
 食事中も自ら会話を振ることなく、ニコニコ微笑み、モクモク食べるだけ。積極的に動くことはなく、微笑んでたたずんでいるだけ。

 しかし夫の人柄の良さか、嫌味無く、不快感も与えず、180cmの長身でありながら上手に気配を消しており、その能力には私もびっくりしました。しかし、そんな能力に感心している場合ではありません。

ダメ夫、活躍のチャンス到来!

 「ちょっと、気配消すグランプリで優勝するために来たんじゃないよ。初めての帰省なんだから、もうちょっと積極的に動いていこう!」と、私はまるで中学部活の顧問のように、夫に声を掛けました。

 そんな時、父から
 「ガレージの屋根の修理をしたいのだけど、〇〇君は背が高いから、手伝って欲しい」と声がかかりました。これぞ長身を生かすチャンス! 夫も
 「頑張らせて頂きます!」と気合の入った返事です。

写真AC

 夫は梯子に登り、父の指示に従い、作業を進めます。しかし、なにせ不器用な夫。波板の裏表を間違えたり、隙間があいていたり、スムーズに進みません。私の父も苦笑いを浮かべます。

 そんな時、出掛けていた私の姉が戻ってきました。
 「みんなで屋根の修理してるの? 私も手伝おうか?」言うと同時に、猫のようにさっとガレージ横のブロック塀に飛び乗りました。

 そして、状況を知らない姉は
 「〇〇さんは休んで下さい。続きは私がしますから」と言って、夫の手から波板を取り、ぱぱっと綺麗に並べてしまいました。続いて、金具で手際良く波板の固定も行い、あっという間に仕上げてしまいました。
そして
 「工具片付けとくね、みんなお疲れ様~」と言い残し、風のように去って行ったのでした。

 夫は梯子に登ったまま、ビックリした表情で、再び気配を消していました。父は
 「○○君もありがとうね」と少し気まずそうに声を掛けます。夫は
 「お義姉さん、すごいですね!お役に立てずすみません」と申し訳なさそうに答えたのでした。
 姉も悪気が無かっただけに、仕方ないのですが、夫は見事にお手柄を持っていかれてしまったのです。

家族からの評価は?

 最終日。夫は私の母から
 「〇〇君って、大きいけど、狭い部屋でも全然圧迫感を感じないわ~、すごいね!」と気配を消す能力を褒められていました。
 「ありがとうございます!」と夫も嬉しそう。

 帰りの電車の中で、夫は
 「屋根の修理、お義姉さん、ほんとにすごかったなぁ~。恥ずかしかったわ~」と、思い出して笑っていました。夫は活躍できませんでしたが、私の家族から好かれたようなので、これで良しとした帰省の思い出です。

(ファンファン福岡公式ライター / やすさき きょうこ)

あわせて読みたい
今年は何日帰省するのか…ピリピリの年末攻防バトル  関西在住の私たち一家。旦那の実家は車で1時間ほどのところにあり、月に1回は子どもたちを連れて遊びに行っています。一方、私の実家は福岡県なので、会えるのは盆と...
あわせて読みたい
兄弟2人で初めての帰省 待ち受けていた意外な結末とは!? 長男が小学2年生、次男が年長になった時のこと。私の実家は電車を乗り継げば子どもの足でも1時間程で行ける場所なのですが、上の兄が「社会勉強のため1人でおばあちゃんの家に行く!」と言い出したのです。その時私は気付いていませんでした。この体験があんな結末になるとは…
あわせて読みたい
会う度に嫌味しか言わない、姑の決まり文句にドン引き!  「会いたい」or「会いたくない」という自分の意志に関わらず、もはや「会う」ことが妻としての義務でしかない姑との間柄。こんなふうに私が憂鬱に感じ、疎遠な関係に...

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる