大掃除で怪我! 病院で「お1人暮らしですか?」と言われた理由は?

 1年の汚れをきれいに落とす、年末の大掃除。主婦にとっては、大変な作業です。愛する家族のために、万全の準備をし、全力で立ち向かった、ある年の大掃除。私は色んな意味で痛い思いをすることになるのでした…。

目次

いざ始めよう、大掃除!

写真AC

 年の瀬も迫る、12月30日。恒例の大掃除の日を迎えました。
 小学生の息子は子ども部屋、幼稚園の娘はおもちゃ箱と絵本棚、そして不器用な旦那には、無難なガレージとベランダの掃除を任せました。

 もちろん、メインの掃除作業を行うのは私。部屋のワックスがけ、風呂、トイレ、洗面所、キッチン全ての水回りの掃除を1人で行います。

 普段は色黒の肌に、メイクテクニックを駆使して、綺麗さを装っている私ですが、大掃除のこの日は、1日家から出ないので、ノーメイク。髪も整えず、そのまま頭にほっかむりを被りました。
 「へ~い、ラーメン一丁♪」と、ほっかむり姿でおどけて、子ども達を笑わせたりしていました。

山場はキッチンの換気扇

 順調に大掃除は進み、あとはキッチンの換気扇を残すだけとなりました。
「換気扇の掃除って、服に油がついて汚れるよなぁ」と思った時、ふと、先日廃品回収に出す古着をまとめたことを思い出しました。

 自分の思い付きに
 「ナイス!」と声をあげ、古着の袋を取りにいきました。袋の上の方にあった、ボロボロの柄付きフリースと、膝に穴が開いてしまった部屋着のズボンを出し、着替えます。「これで、汚れを気にせず掃除できる」と張り切って換気扇のネジを外し、掃除を開始しました。

 換気扇の取り出し作業をしていた時のことです。部品の尖った先で、右小指を切ってしまったのです!
 「痛い!」私の声に、旦那と子供達が駆け寄ってきました。
 腕を上げて、止血をしましたが、全く止まらず、どんどん血が溢れてきました。

救急外来へ! 医師から思わぬ一言

写真AC

 しばらく経っても一向に血が止まらないため、私も旦那も焦りました。年末で病院も開いていないため、総合病院の救急外来へ向かうことに。

 受付を終え、診察室には私1人で入りました。担当は年配の男性の先生でした。
 やはり傷が深く、縫うことに…。先生は私に優しく声をかけました。
 「お1人暮らしですか? 大変でしたね~」

 「え? お1人暮らしって…」結婚して以来、言われたことのない言葉。
「どうして1人暮らしって言われたんだろう?」その時、はっと、自分のとんでもないファッションを思い出しました。

 頭はほっかむり、顔はノーメイク、服はボロボロフリースに穴あきズボン!
 先生は、私の様子から、独身で1人暮らしだと思ったのでしょう。それもかなりの確信をもって。(先生が「お1人暮らしですか?」と言った後に、私の返答を求める間が全く無かったので…)
「恥ずかしい~!」指の痛さと同時に、自分の姿への痛さも感じながら、切れた指をきれいに縫って頂きました。

 「また、お正月明けに見せに来て下さいね。よいお年を」という先生の言葉に、私はズボンの穴を気にしつつ、お礼を伝え、診察室を後にしました。

 待っていた旦那に指を縫ったことを伝えると
 「おぉ、救急外来に連れてきた、俺の判断は正しかったな。無事で良かった!」と、私のおかしな格好は一切気にせず、自分の判断と無事の治療を喜んでいました…。

 その日以来、私は最低限、外に出て、人に会える服装でいるようにしています。でもよく考えると、その日以来、急に出掛けるような緊急事態は起こってないなぁ~。いけない、いけない、油断禁物! 今後も家での服装に気をつけていきます。

(ファンファン福岡公式ライター / やすさき きょうこ)

あわせて読みたい
良い嫁キャンペーン終了宣言! 義実家の大掃除は断固拒否  「私、良い嫁キャンペーンを終了しました〜!」先日友人たちとランチをしていた時、ある友人がこんな報告をしてきました。面白そうなので、良い嫁キャンペーン終了の...
あわせて読みたい
まさかこれも売れるの?主婦の新お小遣い稼ぎ!メルカリで売れるのは、意外なアレ CMでも話題のフリマアプリ「メルカリ」をご存じですか? スマホから誰でも売り買いを楽しめる気軽さがうけて、若い人はもちろん、子育て世代の利用者数が急増しているそ...
あわせて読みたい
大掃除に業者を使う!? 利用者100人聞いてみた! 年末といえば大掃除。ですが一人暮らしや子どもがいるとなかなかうまく掃除できなかったり、実家の大掃除の手伝いにいくのも大変…という人もいるでしょう。そのため現在...

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる