書籍も発売中 三代目JSB・小林直己さんインタビュー

 人気ダンス&ボーカルグループ「三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE」(以下三代目JSB)として12月25日(土)、26日(日)に福岡PayPayドーム(福岡市中央区)でライブツアーを開催し、11月24日には自身初の著書を刊行した小林直己さん。EXILEとして活動しながら、三代目JSBではリーダーも務め、俳優としても活躍の場を広げている小林さんに、ライブツアーに向けての思いや著書について、リモートでインタビューしました。

―12月の福岡公演、見所は。

 今年のツアー「三代目 J SOUL BROTHERS LIVE TOUR 2021 “THIS IS JSB”」のファイナルシーズンということで、8月にも福岡で開催した同名ツアーとは、セットリストも変えました。時期的にクリスマスシーズンなので、その雰囲気に合った公演にできればと思い、スタッフやメンバーとリハーサルに励んでいます。
 また(デビュー)10周年イヤーを締めくくる公演としてもふさわしいものにしたいと思っています。26日の最終公演は生配信も決定したので、会場での熱気とオンライン上での熱気がコラボレーションするような記念すべき公演にしたいです。このコロナ禍で、まだ現地に来られない方もいると思いますし、そういう方たちにも楽しんでもらえるようにしたいです。

―11月10日にはベスト&ニューアルバムもリリース。この中で今一番お気に入りの曲は?

 今回のアルバムはファンの皆さんに投票で選んでもらった楽曲が収録されているのですが、メンバーたちからは想像もよらなかった曲が結構入ってきて驚きました。アルバム曲から投票したもの、シングル曲から投票したもの、ライブ映像から投票したものとかなりバリエーション豊富な内容になっているので、その中からお気に入りというとかなり難しいですね…(笑)。
 しいて言うならライブ映像の中から1曲、上位にあがってきた「Welcome to TOKYO」という曲。これを聞いてぜひみなさんもライブに備えてほしいなと思います。

—メンバー的に意外だった選曲とは?

 いっぱいありましたよ! 初めてのドームツアーのテーマ曲だった「TURNING BACK」とかも上位で入ってきたのですが、その曲がまさかそんなに上位になるとは思っていなかったです。ほかにも結構初期の頃の曲が上位に入っていて、昔から応援してくれている人たちにここまで支えてきてもらったんだなと改めて感じるきっかけにもなりました。10年間、頑張ってきてよかったです。

―自身初の著書「選択と奇跡」はどういう人たちに読んでほしい?

 どんな人でも日々さまざまな選択をして過ごしていると思うんですよ。ささいなことであっても選択を重ねて結果が出ていて、それが小さな奇跡につながっている。僕自身、そういった小さな奇跡の積み重ねで今があるんだなと、この本を書きながら改めて気づかされました。
 書きながら自分の半生を振り返ったり、グループでの活動を振り返ったりしたのですが、コロナ禍で、今まで当たり前だった日常の全てがひっくり返ってしまった。でもそういった経験を経て“今”にものすごく感謝したくなりましたし、周りにも感謝したくなりました。
 この本はあくまでそんな僕の“選択と奇跡”が書かれているのですが、これから夢に挑戦したり仕事の選択をしたりする若い世代や、また僕と同じように、ある程度経験をしてきた世代。そして「こういう選択をしてきたからこうなったよ」という人生の先輩方皆さんに読んでもらって、自分自身の“選択と奇跡”について、話のきっかけにしてもらえればうれしいです。

—その当時の感情や熱さが伝わってくる文体です。書く時に気を付けたこと、意識したことは。

 元々2019年にこういう話を書こうと企画していたものがあるのですが、それが昨年からのコロナ禍ですっかり変わってしまい、書こうとしていたことと内容が合わなくなってしまいました。
 そこで、昔自分が考えていたことや悩んでいたこと、その当時の空気感をそのまま書くことにしました。この本を通じて、自分という人間を知ってほしいと思ったのが書くきっかけだったので、成功したことやかなった夢だけでなく、かっこつけずに失敗したことや間違ったことも書きました。頭の中で、当時を思い出しながら書いたので、再体験に近かったかなと思います。読む人にも当時の僕の目線で体験してほしいですね。

―タイトルにもある「EXILEが名字」について、それでは三代目JSBは小林さんにとって何にあたりますか。

 えぇ、なんだろう。面白いですね、初めて考えました。「現場」かな。…うまいこと言えてないですね(笑)? でも、EXILEで経験したことを三代目JSBで試してきたという感覚があったので、しっくりくるのは「現場」です。ただうまく言えてない感じがあるので「ミドルネーム」としていてください(笑)!

―今ハマっている趣味は。

 電動歯ブラシです! 興味は前からあったのですが、最近ようやく手に入れたて。いいですね、1回ハマったら戻れないって聞いていたんですけどその意味が分かりました。やっぱり磨かれ度が違って、歯磨きが楽しみになりましたし、回数が増えました。

―最近三代目JSBのメンバーとの出来事で一番笑ったことは。

 がんちゃん(岩田剛典)と2人で行った撮影です。ハラハラする内容だったんですが、それが面白かったです。

―ライブを待ち望んでいる福岡のファンへ、今伝えたいことは。

 本当に福岡、九州の皆さんにはライブをはじめ活動の中で多くの支えをいただいていると感じています。福岡公演は結構ツアーの最初やファイナルで訪れることも多く、自分の中では印象的な場所です。今年は三代目JSBの10周年、来年はEXILEが20周年ということで、EXILEとしてもいろいろと準備していることがあるので、皆さんに楽しんでいただけるような活動を引き続き頑張っていきたいなと思いますのでこれからも応援よろしくお願いします! そして「選択と奇跡」、ぜひ読んでください!

小林直己(こばやし・なおき)

ダンサー、俳優。EXILEのパフォーマー、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのリーダー兼パフォーマー。俳優としても活動し、ウォッシュ・ウエストモアランド監督Netflixオリジナル映画『アースクエイクバード』(2019)、行定勲監督CINEMA FIGHTERS『海風』(2019)に出演。2020年にYouTubeチャンネル「Naoki’s Dream Village」を開設。

目次

エンタメインフォ

ベストアルバム & ニューアルバム「BEST BROTHERS / THIS IS JSB」
書籍「選択と奇跡 あの日、僕の名字はEXILEになった」 発売中

 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE が、メジャー・デビュー10周年を経て、ベストアルバムとオリジナル・ニューアルバムからなる「BEST BROTHERS / THIS IS JSB」を11月10日に発売。ファン投票によって厳選された楽曲をCD2枚に、ミュージックビデオと初のライブ映像ベストを映像ディスク4枚にわたって収録したベストアルバム「BEST BROTHERS」。
 2020年以降のシングル作品と初CD化となる「線香花火」「starting over ~one world~」に加えてアルバムでしか聴けない新曲も収録されたニューアルバム「THIS IS JSB」。
 そしてリーダー小林直己さん初の著書「選択と奇跡 あの日、僕の名字はEXILEになった」も11月24日に発売。

三代目 J SOUL BROTHERS LIVE TOUR 2021 “THIS IS JSB” FINAL SEASON

日程:
12/25(土) 開場14:00/開演 17:00
12/26(日) 開場14:00/開演 17:00
会場:福岡PayPayドーム

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる