テーマ「水虫」【カラダのトリセツ】

 今回のテーマは「水虫」。たかはら皮ふ科の院長・高原正和先生が”カラダのトリセツ”を教えてくれました。

目次

「水虫」とは?

 白癬菌(はくせんきん)というカビによって生じる皮膚の感染症で、足や手にできれば水虫、体や股にできた場合はたむしといわれます。

 症状は皮がむける、水ぶくれができる、足の指の間がじくじくするなど。慢性タイプはかかとなど足の裏の皮膚が硬くなって、爪水虫を併発することもあります。一般的には抗真菌薬の塗り薬で治療しますが、皮膚が厚くなったケースは内服治療も検討します。

 日本では約5人に1人が足水虫に、約10人に1人が爪水虫にかかっていると推測されています。20~40代女性で見ても約20%に水虫があるといわれています。ナイロンストッキングやブーツの装着による蒸れ、ハイヒールで足指がくっつきやすいなどの理由が考えられるので、靴、靴下のはきっぱなしは避けましょう。

 指の間を含めて毎日足を洗って清潔にすることが大切です。家族内に患者がいる場合は感染しやすいので注意しましょう。

 足底の皮むけなど気になる症状があれば、早めに皮膚科を受診してください。顕微鏡検査ですぐに確認できます。進行する前に早期に発見することをおすすめします。

たかはら皮ふ科(院長/高原正和)

住所 福岡市東区千早2-1-1 東海住宅ビル3階
電話 092-682-1257
診療時間:9:00〜12:40、16:00〜19:00(木、土曜~12:40)
休診 日曜・祝日

あわせて読みたい
テーマ「甲状腺機能異常症」【カラダのトリセツ】 今回のテーマは「甲状腺機能異常症」。富永内科甲状腺クリニックの院長・富永丹先生が”カラダのトリセツ”を教えてくれました。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる