昔ながらの平打ち麺が美味しい!馬出の博龍軒のラーメンを食べてみた

 皆さん、昔ながらの博多ラーメンのお店は、今は主流になっている極細麺ではなく、平打ち麺!ということをご存知ですか? 今日は東区方面で仕事があったため、馬出にある”昔ながらの雰囲気がたまらない博多ラーメン店”「博龍軒」さんに初訪してきました。

目次

馬出九大病院前駅近く。いにしえの博多ラーメン屋さんへ!

 営業で一緒だった先輩から「東区に来たら絶対に行きたいラーメン屋がある」ということでおすすめの「博龍軒」さんを初訪。博多ラーメンは基本何でも好きな私ですが、なにやらここのラーメンはひと味違うとのこと。わくわくしながら到着しました。

出典:RAY

 店舗は閑静な住宅街の中、馬出中央商店街のすぐ横にあります。 この「いにしえ」感、どうでしょうか。昔ながらのラーメン屋さんといった趣ある出で立ち…。福岡生まれ福岡育ちの私にとってはたまらないですね。本当に地元の方にとっての「ソウルフード」なんだろうなぁとわくわくしながら暖簾をくぐります。

出典:RAY

 店内は全てカウンターで、私たちが到着後、すぐに満席! メニューは基本のラーメンをベースに、トッピングを変わる形で、もやしラーメンなんてメニューもありました。メンマラーメン、ワンタンメンも気になりますが、初訪ということもあり、まずは先輩と同じラーメンを注文しました。

出典:RAY

 麺はお店独自で70年変わらず作っているそう。ご夫婦の手際の良さからも、地域に愛され長い間営業されてきていることが伝わります。

出典:RAY

 よく見ると確かに平打ち麺!柔らかめの麺に、微かに醤油の香りがする優しい豚骨スープがよく合います。博多ラーメンは固くて当たり前、みたいな勝手な固定観念で生きてきた私ですが、スープの味がよく染みていてこのラーメンに関してはこの状態が一番美味しいのだろうな、と納得しました。  以前テレビで観たことがあるのですが、昔ながらの博多ラーメンのお店は今は主流になっている極細麺ではなく、平打ち麺だそうです。博龍軒さんはその流れをくんでいるんでしょう。この手の話には諸説あるので未だ真偽は不明ですが、歴史ある博多ラーメンならではのミステリーかもしれませんね。

出典:RAY

 スープは豚骨特有の強烈な脂っこさがなく、あっさり食べられました。福岡県民同士では定期的に「豚骨ラーメンはあっさり派かこってり派か」という論争が行われますが、博龍軒さんのラーメンは非常にマイルド、でも豚骨らしさも残しつつ…という絶妙な味わい。これはクセになります。

 博多ラーメンは、こうして愛されて歴史を繋いできたんだなと感じた一杯でした。 バリカタ・極細麺ではないラーメンを久しぶりに味わいたい方はぜひ博龍軒さんに行かれてみてはいかがでしょうか。

施設名:博龍軒
住所:福岡県福岡市東区馬出2-5-23
営業時間:11:00~16:30(麺がなくなり次第終了) 日曜営業
定休日:月曜、木曜 営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。
アクセス:・福岡市営地下鉄箱崎線「馬出九大前」駅7番出口から徒歩約3分・九州大学医学部付属病院東門から徒歩約3分・県道21号「馬出2丁目」交差点から南に1筋(約50メートル先)を右折(西進)して約20メートル・「福岡市営住宅馬出住宅1棟」隣 馬出九大病院前駅から154m

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる