エンタメ一本勝負! 映画「コンフィデンスマンJP ロマンス編」

 映画や配信作品の中から、新作・旧作にかかわらず編集部が「一本取られた」と思った作品を紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

目次

だまされているのがこんなに気持ち良いなんて!

◆あらすじ 
人気ドラマの映画化1作目。華麗に大胆に悪人をだまし続ける百戦錬磨のコンフィデンスマン(=信用詐欺師)ダー子、ボクちゃん、リチャード、そして五十嵐。香港マフィアの女帝でその冷酷さから「氷姫」の異名を持つラン・リウ「オサカナ」(=ターゲット)に定め、一行は香港へ。同じくランを狙う天才詐欺師ジェシーや以前ダー子たちにだまされた日本のヤクザ・赤星たちも巻き込み、だましだまされの三つどもえの戦いに!

ここに一本取られた!

 劇場3作目「コンフィデンスマンJP 英雄編」が1月14日(金)に公開されるということで、人気作とは聞いていたものの見るタイミングを逸していた今作をこのタイミングで鑑賞。「さすが人気作! なんで今まで見てなかったんだろう!」と思う面白さ。テンポよく進む会話と展開に、「だまされているのがこんなに気持ち良いことある?」と、ダー子の“子猫ちゃん” (=協力者)にしてほしくなりました。最初はキャラクターのハイテンションさに私のテンションがついていかなかったのですが、脚本がしっかり練られているのでいつの間にか夢中に。自分のテンションもつられて上がっていきます。ドラマ版は未視聴のまま鑑賞しましたが、設定が難しくないのでこれ1本で十分に楽しめます。3作目公開前に、2作目も見ておこう♪

おすすめする人

ファンファン福岡編集部 かなやん

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる