本当に正しく洗えている? シャンプーを見直して“美髪”を取り戻す

 長年の肌トラブルを克服した美容ライター、餅キナコです! いきなりですがみなさんは、“正しいシャンプー”ができていますか? こう質問すると「毎日とくに何も考えず洗っている…」と答える方も多いはず。つい流れ作業のように済ませてしまうシャンプーですが、ひとつひとつのステップを見直して正しく洗うことで、“美髪”を育てることができるのです。

目次

ファーストステップはブラッシング

写真AC

 ブラッシングをしないままシャンプーを始める方もいるかもしれませんが、それはNG。ブラッシングこそ、シャンプー前の下準備に欠かせないステップなのです。

 実は私たちの髪の毛には、目に見えない汚れがピッタリとくっついています。髪の毛がパサパサと乾燥していると、静電気でホコリまみれ… なんてことも。さらに、頭皮の毛穴にも皮脂などの汚れが付着しています。こういった汚れは、ブラッシングである程度落としてしまいましょう。

 まずは、頭皮から毛先に向けて髪の毛をとかすようにブラッシングをします。ブラシは頭皮に優しいタイプを選ぶと良いですね。もうひとつ、ブラッシングで大切なのは“からまりをほどく”ということ。一日過ごした髪の毛は、毛先がからまった状態になっています。

 からまったままシャンプーをしてしまうと、無理に引っ張ったりほどいたり、知らないうちに髪の毛に負担がかかってしまいます。シャンプー前の下準備として、ぜひブラッシングを習慣にしてみてくださいね。

予洗いで大まかな汚れを落として

写真AC

 シャンプーをする前に、まず髪の毛をお湯で濡らし予洗いしますよね。このとき、お湯で濡らす程度でパパっと済ませていませんか? 実はこの“予洗い”が重要なポイントで、なんと予洗いだけで大半の汚れを落とせるのです。

 シャンプーの前にしっかりとお湯で予洗いすることで、頭皮の皮脂を浮き上がらせたり髪の毛のホコリを落としたり、“大まかな汚れ”が落とせます。さらに、予洗いを入念にするとシャンプーの泡立ちも見違えるほどグンとUP! まさに、予洗いは“イイこと尽くし”なのです。

 予洗いのときは、頭皮にしっかりとお湯を含ませて指の腹でマッサージするように洗いましょう。髪の毛は、外側だけでなく内側や生え際もたっぷりお湯を含ませてくださいね。

シャンプーは、髪の毛をいたわるように

写真AC

 ここまで来たら、いよいよシャンプーです。「においや汚れをしっかり落とすぞ!」と意気込んでしまい、つい爪を立てて強く洗っていませんか?

 強く力を入れてシャンプーをすると、頭皮や髪の毛を傷める原因となります。頭皮や髪の毛はとってもデリケートなので、シャンプーは“髪の毛をいたわるように”がキホン。シャンプーは、直接頭皮につけずに必ず泡立ててから使いましょう。手の平で十分に泡立てたら、まずは頭皮から洗っていきます。頭皮をやさしくマッサージするように、指の腹でもみ込むのがポイント。

 次は、そのまま髪の毛全体を洗っていきます。このとき、髪の毛をこすり合わせてゴシゴシ洗うのは絶対にNG! 濡れた髪の毛はキューティクルが傷つきやすいので、泡をなじませるようにやさしく洗いましょう。洗い終えたら、しっかりとお湯で洗い流します。髪の生え際や耳の周りなど、忘れがちな部分も洗い残しのないようにしてくださいね。

 ワックスやスプレーなどスタイリング剤などをつけた日は、まず一度軽くシャンプーをしてスタイリング剤を落としてから、もう一度ていねいにシャンプーをしましょう。

ていねいなシャンプーが“美髪”をつくる

写真AC

 日課となっているシャンプーだからこそ、つい流れ作業のように済ませてしまいますよね。しかし、日々のていねいなシャンプーを心がけることこそが“美髪”を育てる一歩なのです。

 シャンプー前の下準備、そしてシャンプーの仕方など、ひとつひとつのステップを今日から見直してみてくださいね。あなたの髪に、ステキな変化が起こるかも…!?

 (ファンファン福岡公式美容ライター/餅キナコ)

あわせて読みたい
今年こそ脱手荒れ!家事で気をつけるべき手荒れを防ぐポイントとは? 長年の肌トラブルを克服した美容ライター、餅キナコです! 毎年しつこく繰り返すお悩みといえば、“手荒れ”ですよね。とくに冬の家事では、乾燥で手荒れが悪化する方も多いはず。家事の最中に指がパカっと切れて、思わず「イタッ!」と涙することも…。かといって、家事をすべて投げ出すわけにもいきません。  そこで大切なのは、“これ以上手荒れを悪化させない工夫”です。「今年こそ脱手荒れ!」を目指して、家事で気をつけるべきポイントをチェックしていきましょう。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる