公文式の口コミを小中高横断で調査!実際の保護者の声を紹介

通信教育を選ぶとき、実際に使っている人の声って気になりますよね。中でも今回は「公文式」に焦点を当てて、実際に利用している保護者にアンケートを実施。公文式についての口コミを集めてみました。今回は小中高横断型での口コミと満足度を紹介しているので、公文式の利用を検討している人はぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

アンケート概要と回答者

調査概要:通信教育の利用に関する調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年11月6日〜19日(14日間)
人数(男性・女性):20〜60代の男女11人(男性3人、女性8人)

11人に聞いた!公文式って実際どうなの?

出典:https://www.kumon.ne.jp/

公文式を実際に利用している保護者11人に、その満足度やなぜ公文式に決めたのかについて口コミを調査しました!

公文式について

・運営会社:公文教育研究会
・対象学年:乳児・幼児(0〜3歳)、幼稚園年少〜年長、小学1〜6年生、中学1〜3年生、高校1〜3年生、大学生、社会人
・授業形式:通信・ネット

公文式の満足度

ここでは、実際にサービスを利用した満足度について星1(★)から星5(★★★★★)の5段階で評価してもらいました。その評価の理由と合わせて確認してみましょう。

出典:イエゴト調査隊

小学校・中学校での利用のみ

グラフからもわかるように、今回のアンケートでは利用者は小学生と中学生の子どもを持つ保護者のみでした。満足度的に星5個がなかったため、大いに満足しているというわけではなさそうです。

公文式に決めた保護者の口コミ

ここでは公文式を選んだ保護者が何を決め手に選んだのか、その口コミを紹介します。

・「塾に通わせたいと思っていたが、世の中の情勢的にまずはオンラインで開始していく事にしました」(20代女性)
・「ママ友に勧められたため」(30代女性)
・「公文式に通っていてその関係で通信教育に移行しました」(40代女性)
・「学校の授業の予習復習を兼ねて、時間の余裕がある時にできるように」(50代女性)
・「子どもが塾などに行くことに抵抗を感じていて、通信だと勉強をやってみたいと言ったので」(40代男性)

知り合いに勧められて・継続利用が多い印象

公文式を利用を始めたきっかけは知り合いに勧められた、幼稚園段階や小学校からの継続利用が多い印象でした。教材内容というよりも子どもが慣れているため、無理に教材を変えたくない。その地域的に公文式に通う子どもが多い。こういった理由で選ばれていると考えられます。

学校の予習復習がメイン

公文式では主に学校の授業内容の予習復習に力を入れているようです。小学校に上がったタイミングで学習習慣をつけたい、学校での内容を反復して定着させたいといったニーズに応えている通信教育と言えるでしょう。

まとめ

今回は通信教育の中でも公文式に焦点を当てて、実際に選んだ保護者の満足度や、何が決め手となったのかについての口コミを紹介しました。今回のアンケートでは小学生や中学生での利用者のみでした。また、選んだ決め手としては学習内容に積極的な理由はなく、知人に勧められた、幼稚園や保育園から継続利用しているといったもの。小学校に上がったときのギャップを埋めるための利用と、子どもが慣れた通信教育を使い続けているという印象です。今後公文式の利用を検討している人はぜひ参考にしてみてくださいね。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる