Fukuoka Work Style Conference 2022年2月に開催決定!

 Fukuoka Work Style Conference(福岡ワークスタイルカンファレンス)は「働き方で未来は変わる」をコンセプトに、福岡県内で働き方改革に取り組む企業を募集。実践企業の中から独創的な取り組みを行う企業をグランプリに選出し、表彰する取り組みです。このたび、表彰式も兼ねたリアルイベントを2月24日(木)福岡市中央区天神のエルガーラホールで実施することが決まりました。働き方改革実践企業は1月13日(木)まで募集中! イベントの観覧申し込み開始は1月中旬を予定しています。ぜひ参加してみては。

提供:Fukuoka Work Style Conference
目次

働き方で未来は変わる。

働き方で未来は変わる。
新型コロナウイルスの感染拡大による多様な働き方が普及し、また若年層の働き方に関する意識も変化しています。
国や自治体による企業への支援もありますが、雇用諸法令や制度に関する企業の意識は十分とは言えません。特に地方での働き方改革に取り組む企業は少なく、企業間での情報の共有がうまくできていると言えない状態です。

西日本新聞社が主催となり、働き方改革に取り組む企業を表彰するFukuoka Work Style Conferenceを今年度から開催します。
本取り組みは、働き方改革に取り組む「実践企業」、企業をサポートする「社会保険労務士」、メディアである「新聞社」が一体となって福岡の働き方改革を推進するための取り組みです。

イベント実施概要

事 業 名:Fukuoka Work Style Conference 2021
実 施 日:2022年2月24日(木)実施予定
     13:00~16:50(12:30開場、受付開始)
実施場所:エルガーラ 8F 大ホール
主  催:西日本新聞社
後  援:福岡県、福岡県社会保険労務士会、全国労務診断協会
協  賛:カオナビ、オービックビジネスコンサルタント、あいおいニッセイ同和損害保険、SmartHR、ソニービズネットワークス、エムケイシステム、マネーフォワード、SACCSY、KiteRa、Flucle

プログラム(予定)
13:15~オープニング
13:30~14:30 基調講演 
業績とモチベーションが向上する、働き方改革 ~人材を惹きつけ、成功した企業の事例紹介!~  
ワークライフバランス代表取締役社長 小室淑恵

(講演内容)働き方改革に取組み、翌年の採用応募数が1.5 倍になった企業があります。業績を伸ばしながら残業を減らすことのできる働き方改革の手法があり、地域や業界、企業規模に関わらず取組めますので、アパレルや飲食業でも成果が出ています。経営陣が変革の必要性に腹落ちし、自らコミットするにはどのようなアプローチが有効なのか。管理職は具体的に自身のマネジメント方法をどう変えるべきなのか。新しい働き方にジャンプアップし、社員のモチベーションも売上も同時に上げていくために、明日から取り入れられる方法や他社事例をお伝えします。 

提供: ワークライフバランス

■プロフィール
小室淑恵(こむろ よしえ)
株式会社ワーク・ライフバランス代表取締役社長。
2004年、日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー キャリアクリエイト部門受賞。
2006年、ワーク・ライフバランスを設立。
2012年、TEDxTokyo スピーカーの選出される
2014年、ベストマザー賞(経済部門) 受賞
ワーク・ライフバランスコンサルティングを1000社以上に提供。クライアント企業では、労働時間の削減や有給取得率の向上だけでなく、業績が向上し、社員満足度の向上や、自己研鑽の増加、企業内出生率の向上といった成果が出ており、長時間労働体質の企業を生産性の高い組織に改革する手腕に定評がある。
㈶東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会顧問会議 顧問

休憩(10分)
14:30~15:10 セッション➀
休憩(15分)
15:25~15:55 グランプリ表彰式
16:00~16:40 表彰企業による事例発表
16:50~     クロージング
17:00      閉会

2022年1月13日(木)まで働き方改革実践企業を募集中です。


※イベントの一般観覧の申し込みは2022年1月中旬頃を予定しております。

お問い合わせ

働き方改革実践企業募集に関するお問い合わせ
Fukuoka Work Style Conference 運営事務局(西日本新聞広告社内)
TEL:092-711-5065
受付:平日/10:00~17:00

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる