出産に立ち会った夫から信じられない一言! 開いた口が塞がらない

 

 うちの夫は、口下手でお酒が入らないと上手く話ができない性格です。その上、面倒くさがり屋で「いいんじゃない?」が口グセ。娘が生まれた後、忙しくて夫との会話が減ったことが気になった私は、夫の気持ちを聞いてみることに。すると驚きの言葉が発せられたのです。

目次

夫が言えずにいた本音とは

写真AC

 結婚して1年半経った頃のこと。夫の仕事が忙しくなって2人の時間が減り、顔を合わせればワンオペ育児の私の愚痴が多かったように思います。私は「最近夫の気持ちを聞けていなかったかも…。夫と話をしよう!」と思い立ち、当時6カ月の娘を寝かせたある夜、
 「普段言えてないこと、ない?」そんな言葉を夫に投げ掛けました。

 夫は少し考え
 「別に…」と予想通りの返事。
 「たまには本音で話そうよ!」と言う私。夫からの本音第一球目は
 「空気清浄機は必要だったのか?」でした。

 娘の誕生に合わせて購入した空気清浄機。ぼろアパートなんだから空気くらいは綺麗にしたい! と返したいところでしたが、私は落ち着いて必要な理由を説明します。ところが夫は
 「必要なんだー」といかにも納得してない上辺だけの返事。いや、買う前にも話したはずですけどね!

 続いて夫の本音第二球目。
 「飲料水は水道水じゃだめなの?」私は独身の頃から水を買っていたので抵抗はなかったのですが、色々な意見があると思い、ここは謝りました。でも「あなたの毎日のジュースやビール代よりはるかに安いですよ!」そう言いたいのは飲み込みました。

ラスト一球が衝撃的だった!

 最後の一球は、衝撃的でした。
 「高校の時、担任が言ってたんだ。“将来、出産に立ち会うかどうかはよく考えろ” って。その意味がわかった」と話し始め
 「あの時の匂いとか見た目とか… よく言えば神秘的なんだろうけど、正直エグかったんだよね」私の顔も見ず、淡々と言ったのです。

 言葉の出てこない私に、更に一言。
 「あんなの見たら、お前のこと女として見れなくなるし、担任が言ってたのはこういうことなんだなって!」私は言い返せないどころか、「変なもの見せてごめん」そんな気持ちにさえなりました。やっとのことで
 「そうか、そういう人もいるよね」と返事をし、その場は微妙な空気のまま終わったのでした。

 ところがその後、考えるほど気が済まなくなっていく私。あなたが
 「出産は立ち会う!」と言い出したでしょ。まぁ義兄に
 「感動するぞ!」上司に「もちろん立ち会うんだよな?」そう言われたら、夫の性格上立ち会わざるを得なかったのかもしれない。

 でも出産に立ち会って「父親としての実感や奥さんへの感謝がわく!」そう思っていた私。理解できなくてネットで調べました。
 ところが… いるんですね。出産を「気持ち悪い」と思う男性。母・妻・女として、この現実はなんだか寂しくなりました。

大切なのは相手を思う優しさ

写真AC

 今考えても、夫の意図は分かりません。男性なら夫の気持ちが分かるのかもしれませんね。今回の“本音”は相手に伝えるべきことだったのか…。百歩譲って、お酒の席でネタにしたり、後輩へアドバイスするのは構わないと思います。しかし、私本人に伝える意味って…?

 夫は、自分の言葉が相手にどう伝わるか考えられない所があるようで、その後も「え?」と思う言動が多々あり… 今では別居しています。

 「本音で話し合おう」と言っても別々の人間。言っても良いことかどうかは、相手の気持ちを考え、ほんの少しの優しさをもったらわかるはずなのでは、と思います。今となればネタにできる、ちょっとブラックなお口あんぐりのお話。

(ファンファン福岡公式ライター / ちょこまま)

あわせて読みたい
感動的な立ち会い出産のはずが…残念な旦那に医師が激怒したワケ 立ち会い出産に、どんなイメージがありますか? 筆者は、二人の子供を無痛分娩で出産しました。麻酔のおかげでほとんど痛みはなく、初産も二人目も、旦那に立ち会っても...
あわせて読みたい
立ち会い出産での夫の役割とは? 予定日の1カ月も前に突然陣痛がやってきた! 出産の際に夫の立ち会いをどうするか、悩まれる妊婦さんが多いのではないかと思います。 私の場合、最初の出産では夫の立ち会いを希望しました。 でも、必ずしもすべて...
あわせて読みたい
温厚な小児科の先生に激怒されたパパ 一体何をしたの!?  息子が4歳の頃、体調を崩したのでちょうど仕事が休みだった夫に小児科への付き添いをお願いしました。ところが、小児科を受診して帰ってきた夫の一言が「先生に怒られ...

※この記事内容は公開日時点での情報です。

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる