楽しい初売り♪ 店員さんの驚愕の一言でドロドロ気分に… 

 新年を迎えると初売りが始まりますね。福袋、お年玉価格の商品など、気分も盛り上がります。そんな初売りで見つけたお買い得商品! ウキウキ気分でレジに向かうと、テンションが完全に下がる出来事が待っていたのでした。

目次

子どもが見つけたお買い得クッション

写真AC

 数年前のお正月、家族でインテリアショップの初売りに行きました。広い店内には、赤札の付いたお買い得商品がたくさん並んでいます。小学5年生の息子もテンションが上がり
 「お宝商品探しに行ってくるわっ!」と、5才の妹を連れて、店内を回り始めました。

 しばらくすると
 「お母さん~!」と呼ぶ息子の声が。すると、息子と娘が1つずつ、地味なクッションを手にしていました。
  「これ、見て! めっちゃお買い得」と息子が売り場の値札を指さします。2,980円の定価金額の真横に、780円の赤札が貼られています。念の為、売り場の品番号と、クッションの品番号を確かめました。確かに同じ商品です。2,980円なら絶対に買わない地味なクッションですが、子ども達も気に入っているし780円なら、まあいいかと。
 「買っていいよ~」とOKしました。

レジ店員の態度に、我慢も限界!

写真AC

 そしてレジでのお会計。クレジットカードを渡し、会計画面をふと見ると、「5,960円」と表示されています。あれっ、金額が違う! 焦った私は
 「すみません、この商品、1つ780円のはずなんですけど」とレジ担当の中年の女性店員に言いました。

 きっと売り場に確認に行ってくれるかと思っていると、店員さんは
 「あぁ、良くいらっしゃるんですよ、値札を見間違える方。この前も間違えた方、いましたよ」と、軽く鼻で笑ったのでした。

 相手は年上ということもあり、私は気持ちをグッと抑えます。
 「でも、クッションの品番と、値札の位置も確かめたんです。一度売り場を確認してもらえませんか?」と落ち着いて声を掛けます。それでも店員さんは繰り返します。
 「ほんとね、よくいらっしゃるんですよ! 値札を見間違える方!」

 私はプチっとなりそうなのを抑え
 「そうですか、もういいです。これ、買うのをやめます!」と何とか落ち着いて言いました。

 すると、レジ店員から、思いもよらぬ返答が!
  「もうクレジット決済処理が終わっているので、返品できませんよ!」はっ?! そんな店、聞いたこともありません! 苛立ちで煮えたぎる私を前に、彼女は顔色も変えず、世間の常識だと言わんばかりの顔で、私を見てきます。

 もう、我慢の限界でした!
 「すみません! 違う店員さんに変わってもらえませんか?」と、怒り気味にサービスカウンターにいる店員さんを呼びました。
 「たった今クレジット決済したんですけど、返品できないと言われたんですが」やってきた別の店員さんは
 「もちろん、できます、できます」と、丁寧に別のレジに案内してくれました。

 そこで事の経緯を話し、値札の確認に行ってもらうと、やはり店側のミスでした。もうクッションを買う気分にはならず、子ども達の同意の上、返品処理をして帰りました。

 横で一部始終を見ていた子ども達には
 「外で怒ってるお母さん、初めて見た~。家ではめっちゃ見てるけどね!」と言われてしまったのでした。

どうしてこんなことに?

 思い返しても嫌な出来事ですが、もしかすると、レジの店員さんも年末、お正月と出勤が続き、疲れてイライラしていたのかもしれません。それにしても、せっかくのうきうき新年気分が、ドロドロした気分になってしまった、残念な初売りショッピングの思い出です。

(ファンファン福岡公式ライター / やすさききょうこ)

あわせて読みたい
お年玉の使い道は…小金持ちになった4歳息子が、おとこ気を発揮!  子どもの頃は、金額が大きいほどうれしくて、大人になると、負担になるもの。それはお年玉です。わが家には6歳の娘と4歳の息子がいるのですが、今年初めて、子どもが...
あわせて読みたい
孫にお年玉やお小遣いを1円もくれない義父母の心理って? こんにちは。一人っ子の旦那と結婚し、4歳の男女の双子を育てるワーキングママのしおりtwinsです。今回は、孫にお小遣いやプレゼントをくれない義父母と、今の関係性についてお話したいと思います。
あわせて読みたい
スーパーでかくれんぼ!? 毎度お騒がせな娘の当時の心境とは  現在9歳の娘がまだ2歳の頃。妻と娘が2人でスーパーへ行くと、娘は毎回かくれんぼをして、妻を困らせていました。夫婦である解決策を見つけると、妻の負担は軽減されま...

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる