福岡出身者も出場!「eBASEBALL プロスピ A リーグ」開催

 日本野球機構(NPB)とコナミデジタルエンタテインメント(東京都中央区)が12月4日から、モバイルゲーム『プロ野球スピリッツ A』を競技タイトルとした、プロ野球eスポーツリーグ 「eBASEBALL プロスピ A リーグ」(以下、「スピリーグ」)を開催。選手は各球団3人で構成され、総勢36人。その中には福岡県出身の選手らも出場しています。ぜひみなさん応援を!

目次

「スピリーグ(eBASEBALL プロスピ A リーグ)」とは

 「スピリーグ」は、プロ野球12球団対抗のeスポーツリーグです。リーグはプロ野球と同様、セ・リーグとパ・リーグ。eペナントレース、eクラ イマックスシリーズ、そしてe日本シリーズを戦い、日本一の座をかけて競います。

 チームは、球団ごとに実施されるオンライン予選とオンライン面接を通過し、本戦(トーナメント)を勝ち抜いた1球団3人の球団代表選手(プロプレイヤー)で結成。選ばれし総勢36人が繰り広げる試合に注目が高まります。
 そんな激戦の中、球団代表選手の座を勝ち取った福岡県出身のプロプレイヤー3人を紹介します。

福岡県出身の注目選手を紹介!


広島東洋カープ代表選手 桃坂剛司(やまだい)20歳

 広島東洋カープ代表決定戦で1位通過! 小学3年生〜中学3年生まで野球経験があるそうです。

【選手コメント】
 プロになるからには、今の自分に満足せずに苦手なピッチャーを中心に打撃を磨いていきます。チームを日本一に導けるように頑張るので、応援よろしくお願いします。

福岡ソフトバンクホークス代表選手 吉田悦大(SiRoA)19歳

 10年以上の野球経験者。小学1年生から野球を始め、中学生の頃には硬式野球で全国大会に出場しています。

【選手コメント】
 目標はもちろん日本一です。ソフトバンクホークスが初代王者となれるよう代表選手、新垣監督の力を合わせてプレイしていきます。白熱した試合をこれからお楽しみください。

千葉ロッテマリーンズ代表選手 小倉康一(たがちゃん)23歳

 国指定の先天性疾患「口唇口蓋裂」を乗り越えプロプレイヤーに。得意戦術は「つなげる野球」。

【選手コメント】
 スピリーグ初年度千葉ロッテマリーンズ代表として恥じないようチーム一丸マリーンズ魂溢れたプレーを見せ、里崎監督を日本一に導きたいです。これからは個人じゃなくチームスポーツ。自分一人じゃ勝てません。ファンの皆様と共に頑張りたいです。

福岡ソフトバンクホークスのスピリーグ監督を務めるのは…?

 プロ野球のレジェンド・球団関係者が各球団のスピリーグ監督に就任! 福岡ソフトバンクホークスの監督は、元プロ野球選手の新垣渚さんが務めます。

 新垣さんは「レベルの高い試合で選ばれた3人なので、ぜひ自信をもってリーグ戦を戦っていってほしいです。プロ野球でホークスが優勝できなかったので、僕らがプロスピ A リーグで優勝してやる気持ちで戦っていきます。」とコメントしています。

開幕戦の様子を写真でお届け!

開幕戦の様子。日本一の座をかけた熱き戦いが繰り広げられます。

試合の様子の見守る新垣監督。選手は集中している様子です。

手を挙げて喜ぶシーンも。

 また、リーグ優勝とe日本シリーズ優勝の球団を応援した人を対象に、球団ごとに応援感謝企画も実施。主催者から最大500万円が各企画用に用意されます。各球団の「球団ファン応援感謝企画」は以下公式サイトから確認ください。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる