出産予定日10日後、義両親から旅行に誘われた! 夫の一言とは?

 旅行の計画を持ち掛けてきたドン引き義両親。しかも、その日程は私の出産予定日10日後だったのです。聞いたときは、怒りを通り越して、何を言っているのか頭の中がハテナだらけになりました。臨月でいつ産まれてもおかしくない私。さて、その時に夫が言った一言とは。

目次

義両親との関係は良好なはずだった…

写真AC

 私は結婚5年目を迎えます。幸せなことに今回第2子を妊娠するまで、義両親に対して腹が立つことがほとんどありませんでした。穏やかな義両親で、義母は保育園の園長ということもあり子どもにも慣れていて、よくしてくださいます。同じ県内で車で1時半ほどかかる距離のため、よい距離感だったのだと思います。

 それが、第2子の妊娠が分かって以降、義母の
 「性別は?」の言葉に始まり、イラっとすることが多くなりました。ちなみに第1子は女の子です。言いたいことはわかります。義母は男の子を2人産んでいるので、「跡取りは?」という意味ですよね…。夫は長男ですが、今時、本当にこんなことを言われるのだと、びっくりしました。

ドン引きした義両親の旅行計画

写真AC

 さて、義両親はなぜ旅行を計画したのか。きちんと理由はあるのです。今から2年前、義母の父が亡くなりました。その法事の時に、「義祖父の思い出の場所に、みんなで旅行に行こう」という話になったのです。私達の娘も含めて、親族で10人ほどの旅行。しかしコロナ禍が続きなかなか実現されませんでした。

 今年、また法事があることは知っていましたが、その約2カ月前になって夫の方に義母から連絡がありました。内容を聞くと「法事が終わってから夕方に家を出て、1泊でみんなで旅行に行きませんか」という話! 

 ちょうど法事の時期は、出産予定日10日後です。随分前に義母は
 「法事があるけど、予定日も近いし、無理しないでね」と言っていましたし、私は法事にすら行かない気でいたので、旅行という話に驚きでした。「旅行? いつ? 誰を誘っているの?」私の頭の中はハテナでいっぱいになりました。

 そして、私はしばらく考えました。100歩譲って私は行かないとしましょう。義母は
 「娘ちゃんも見るから」と言うのですが、私としか寝られず、夫でも大泣きする4歳の娘を私抜きで泊まりに? しかも旅行? やはり理解に苦しみました。

 私は思わず真顔で
 「はぁ?」と言っていました。それくらい、意味が分からなかったのです。しかし、唯一救いだったのが、夫が義母に返信した内容でした。

ドン引き義両親に放った スッキリ! な夫の一言

 夫は
 「意味わからんよな。無理に決まっとるやん!」と、連絡が来たこと自体を面倒くさそうにしながら
 「もちろん『絶対ムリ』って断ったよ!」と言ってくれました。主人がまともで救われた! と思った瞬間でした。

 実は主人の仕事も1番の繁忙期。法事すら仕事を休めるかわからないと言っていたのです。忙しい時期であること、妻が出産直後であること、娘がママ抜きで泊まりに行くのは難しいこと、いろんなことを考えても
 「誘ってきた意味が分からない」と言っていました。

 私は、主人の言葉にスッキリ。本当にみんなで行きたいなら、もっと時期を考えるべきだと思いました。結局、私たち家族抜きで旅行には行くようですが…。

 未だにに疑問はいっぱいですが、この件の後、私と娘だけが義両親に会いました。この話には触れられなかったので、もうスルーすることにしています。あまりにもドン引きした義両親の話。これからも、よい距離を保って接したいと常々感じています。

(ファンファン福岡公式ライター / ariui)

あわせて読みたい
孫が産まれたら義両親が変貌?! 義実家とのベストな距離感とは 私の夫は長男ですが、同居する予定もなく義両親との関係はどちらかと言えば希薄なものでした。年に1度会うかどうかと言う関係だった義両親が孫の誕生と共に豹変していく様子に夫婦でビックリしました。
あわせて読みたい
旦那の実家に帰省中に事件が! 義両親との気まずすぎる時間…  年末年始やお盆休みなど長期休暇には夫の実家へ帰省されるご家庭が多いのではないでしょうか。 そんな帰省中に起こった私の冷や汗が出るような、義両親との気まずい出来事をご紹介します。
あわせて読みたい
本当に孫のため? 出産祝い、義両親のまさかの使い道とは…  いただいた出産祝い、何に使いましたか? きっと、赤ちゃんのお洋服を買ったり、将来のために貯金したりとさまざまですよね。私の友人は、想像もしていなかった使い...

※この記事内容は公開日時点での情報です。

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる