「よその家の子になりなさい!」物おじしない4歳息子の反応は?

 先日、テレビで「子どもに対して、絶対言ってはいけない言葉」という特集がありました。私も普段から慎重な言葉選びを心掛けているのですが、いくら叱っても反省の色が見えない息子に、つい使ってしまいました。すると、息子が意外な反応をしたのでした。

目次

夫婦の性格は息子にも遺伝してしまったのか…

出典:写真AC

 私たち夫婦は、かなりきわどい冗談をよく言っています。普通なら怒りたくなる言葉も、ネタのように使っています。  例えば、年下である夫が私を「ババア」と呼んでも、私は笑って言い返します。しかし息子がそのような言葉を覚えてしまうのは困るので、お互いに息子の前では絶対に言わないようにしています。  そんな私たちの血を引いているからか、4歳の息子もかなりきつい言葉に耐性がある様子。私が叱っても「えーん、ひどいよ! ママー!」と棒読みのセリフを吐き、ひとしきりうそ泣きをすると、しれっとおもちゃで遊び出します。そこまでがお約束です。  ある時、テレビ番組で「子どもに対して、絶対言ってはいけない言葉」という特集を見ました。教育の専門家が「子どもが言うことを聞かないからといって、『よその家の子になりなさい!』などと言ってはいけません」と話していました。  もちろん、そんな言葉を息子に言ったことはありません。しかし、いくら私が叱っても動じない息子。もし息子に「よその家の子になりなさい!」と言ったら、さすがに反省するかと思いました。

意外な返しに白旗。本気で叱る時はしっかり叱ろう!

出典:写真AC

 番組を見た翌日のこと。息子が「夕食前におもちゃを片付ける」という約束を破り、遊び続けていました。私が「こら!」と怒っても、息子は無視してミニカーを走らせます。早速、あのセリフを試してみる時がきました。  「約束が守れないなら、よその家の子になりなさい!」と雷を落とすと、息子はびっくりした様子で私を見つめました。どうやら効果があったようだと思っていたところ…  「僕は別にいいよ。でも、ママは僕がいなくなってもいいの?」と想像もしなかった言葉が返ってきたのです。  今度は、私がぼうぜんとしました。どう返すのがいいのか迷った結果、私は「嫌だよ。そんなのさみしいじゃん」と素直な気持ちを言って、思わず息子に抱きつきました。  「じゃあ、ずっと一緒にいようね!」と笑う息子。そのかわいさに負けた私は、結局息子と一緒におもちゃを片付けたのでした。  こんな息子とのミニコント(?)を楽しみつつも、友達を傷つけることを言ったり、ケガをさせてしまったりすれば、本気で叱りたいと考えています。 (ファンファン福岡公式ライター/フルサワ)

まるでクレヨンしんちゃん!?3歳息子の仰天行動

お風呂に入っていた3歳息子がいきなり「病院行く!」まさかの理由とは⁈

「叱らない育児」なんて共感できない! 男児ママたちの切実な気持ち

おしゃれな引越し挨拶ギフト11選

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる