将来の夢は「平和に暮らす」小2息子の現実的すぎる将来計画

 子どもの成長は楽しみなもの。「大きくなったなら何になりたい?」と、子どもに質問したくなりますよね。ところが、わが子の夢は、びっくりするくらい現実的。今回は、息子の「もっと夢を持って~!」と叫びたくなる将来計画を聞いてください。

目次

少しずつリアルになる息子の“夢”

写真AC

 幼稚園年少時代の息子の夢は「戦隊ヒーローになる」こと。
 当時は、日曜朝の特撮番組を毎週リアルタイムで見ていました。家では戦隊ヒーローグッズのおもちゃで遊び、お友達とは戦いごっこばかり。「夢も子どもらしいなあ」と、微笑ましく思っていました。

 様子がおかしくなったのは、幼稚園年中の頃。息子の幼稚園では、七夕行事の一環で、短冊に書いた願い事を笹の葉に吊るします。保護者は送迎のときに、子どもが書いた短冊を見ることができるのですが。
 
 息子の短冊に書かれていた言葉は、「おかねもちになりたい」。

 「え!? お金持ち!?」初めて聞いた“夢”に、私は首を傾げます。息子には誕生日やクリスマスにプレゼントを贈っていますし、私と夫の両親は健在なので、顔を見せに行くとおもちゃを買い与える甘さです。

 不自由をさせているつもりはなかったのですが…。息子には何か欲しい物があるのでしょうか?

 帰宅後、息子に
 「七夕のお願い事に書いてあったけど、どうしてお金持ちになりたいの?」と、尋ねました。すると、帰ってきたのは意外な答え。
 「だって、お金持ちだと安心して暮らせるでしょ!」息子はドヤ顔で胸を張りました。
 なるほど、確かに間違っていません。

 「4歳児にしては、しっかりしてるよね~」と、その時は夫と一緒に笑ったのですが… 1年後、息子の夢はさらに現実味を帯びます。

卒園文集に書いた驚きの“夢”

写真AC

 息子の幼稚園では、卒園時に文集を作ります。内容のテンプレートが家庭に配布され「幼稚園で楽しかった遊び」や「大きくなったらなりたいもの」を書いて、園に提出する方式。

 息子は「大きくなったらなりたいもの」の欄に、堂々とした文字で「へいわにくらす」と記します。

 平和に暮らす、とは…? 
 「どういうこと?」と、尋ねると、息子はニコニコしながら答えます。
 「お嫁さんと子どもとおだやかに暮らしたいんだぁ」

 5歳児の大人びた答えに、「君は人生何回目!?」と聞きたいのをこらえ、
 「そっかあ… 平和に暮らせるといいね」と答えました。

将来計画はいっそう具体的に

写真AC

 息子は、未就園児の頃から堅実家の片りんが見えていました。初めて行く公園や児童館では、周りの様子を私のそばでジーッと見つめ、安全だと確認できたら、子どもの輪の中へ行くのです。

 そんな息子は今、小学校2年生。堅実さはいっそう磨きがかかりました。ランドセルの中身は、物を入れる場所をきっちり決め、学校への忘れ物を一度もしたことがありません。出かけるときは
 「お母さん、ケータイ持った!?」と、私が確認される始末。

 “将来の夢”もいっそう具体性のある“人生設計”に進化しました。

 将来やりたいことは「残業のない会社に入る」こと。自分の子どもと遊ぶ時間を確保するため、定時で帰りたいそうです。
 結婚は絶対。学生時代に恋人を作り、仕事を始めてから結婚するとのこと。子どもは一男一女がいいと豪語しています。

 息子の計画の中で、私はすでにおばあちゃんなんですよね。早すぎじゃないでしょうか。
 「しっかりしてる!」と安心すべきなのか、「もっと夢を持って~!」と嘆くべきなのか…。
 将来の選択肢が増やせるよう、「いろいろな体験をさせなければ」と心に誓うのでした。

(ファンファン福岡公式ライター/芦谷)

あわせて読みたい
「本当の将来の夢はね…」6歳娘の告白に涙が止まらない  2020年に晴れて新1年生になった娘。新型コロナウイルスの影響で臨時休校していたのが終わり、待ちに待った小学校生活がスタートしたのは6月のことでした。入学式以来...
あわせて読みたい
宇宙飛行士を目指してほしいママと嫌がる息子。その理由とは? 親になると、子どもに「将来いい職業についてもらいたい」「特別なスキルを身につけてほしい」なんて、考えてしまうことがありませんか? 私はある理由から息子に宇宙飛行士を志してほしいと考え、嫌がる息子と攻防を繰り返すという失敗をしてしまったのです。
あわせて読みたい
登園直前に娘がイヤイヤ発動! 思わずほっこりした話  娘が幼い頃、私は体調を崩してしまい娘を近所の保育園に預けていました。当時娘は2歳で、イヤイヤ期真っただ中。朝の忙しい時間に始まるイヤイヤに、いつもうんざりしていました。ですが一回だけ、思わずほっこりしてしまったイヤイヤがあったのです。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

  • URLをコピーしました!

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる