【福岡の海鮮系居酒屋の中心で、チキンカツ定食を食べる】

 福岡を代表する海鮮系居酒屋「磯貝」。現在ランチ営業をやられているということでお邪魔しました。なんと言っても新鮮な魚が美味しいお店。焼き魚、煮魚、刺身、何を食べようか迷っていたのですが・・・

目次

福岡の海鮮系居酒屋の中心・磯貝

 本日もおいしいランチを求め会社の近隣を散策。今泉方面へ歩いていると、磯貝さんがランチ営業をされているのを発見しました。夜は何度も行ったことがありますが、ランチはまだ未体験。磯貝のランチなら間違いないでしょう!と期待を胸に伺いました。

出典:ヤマナカリョウ

 磯貝と言えば福岡を代表する海鮮系居酒屋。15年ほど前から福岡で暮らしはじめたのですが、初めて藤崎の本店に行ったときは大変感動したことを覚えてます。「しらすくじら」「じゃこくじら」などの系列店も、おいしいうえにコスパも高い人気店。「定番」と言ってもいい存在だと思います。

出典:ヤマナカリョウ

 本日の日替わりはこちら。少し出遅れたので「さんまの炭火焼定食」は売り切れでしたが、どれもおいしそうです。刺身か、煮つけか、焼き魚か・・・悩みます。頭を抱え悩みます。

出典:ヤマナカリョウ

 こちらが定番ランチのメニュー。真っ先に書かれている「チキンカツ」に目が留まります。そういえば、店先の看板でも推してありました。  ここは磯貝。博多の海鮮系居酒屋の中心である磯貝。魚料理を頼むのが無難なのはわかっています。しかしチキンカツ気になる・・・。    頭の中で猪木が呟きます。「危ぶむなかれ、危ぶむなかれ、迷わずいけよ、いけばわかるさ!」  OK!アントン!行ってみるよ!

これが磯貝のチキンカツ定食だ!

出典:ヤマナカリョウ

 注文してまもなく、やってきました、チキンカツ定食!「タルタルソース」もありますが、今回は「デミグラスソース」を選びました。つけあわせでお漬物、わかめと豆の煮もの、あおさのお味噌汁がついています。ちなみにチキンカツ頼んでおいてなんですが、少しでもヘルシーに、ということでごはんは少なめにしています。

出典:ヤマナカリョウ

 メインのチキンカツ。「揚げ物+デミグラスソース」の組み合わせが非常に好きなので、もう見た目からたまりません。これぞ「ばえる」というのでしょう。「いいですね~いいですね~」といいながらしばらく鑑賞してしまいました。  肝心の味も・・・うましです!サクサクにあがったチキンカツと、本格デミグラスソースの相性抜群。猪木と坂口征二のタッグぐらい相性抜群です。  夢中で食べていると、ここが海鮮居酒屋ということも忘れてしまいそうです。

出典:ヤマナカリョウ

 「お好みでご利用ください」と店員さんがもってきてくれたタバスコ(巨大)をかけて味変も楽しみます。チキンカツ、デミグラスソースにタバスコという発想があまりなかったのですが、意外やあいますね!そもそもタバスコが好きということもあり、ドバドバかけます。  ちなみに一説によると、日本にタバスコを広めたのはアントニオ猪木だと言われています。  大満足の内容だった磯貝のチキンカツ定食。これまたランチのローテーションに入りそうです!

施設名:ろばた焼 磯貝 天神店 (いそがい)
住所:福岡県福岡市中央区今泉1-12-23 西鉄今泉ビル 1F
営業時間:17:30~翌1:00(L.O.翌0:30) 日曜営業
定休日:不定休 営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。
アクセス:天神南駅から174m

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる