高校生がメニュー考案! お弁当「みやまの玉手箱」限定販売会を実施

 福岡県みやま市の高校生が考案するお弁当「みやまの玉手箱」が1月30日(日)12:00から、先着100人限定で販売されることに。みやまスマートエネルギー(福岡県みやま市)が取り組む「地域づくり事業」の一環として進めてきたプロジェクトの成果発表となります。

目次

共同プロジェクトから生まれた「みやまの玉手箱」

提供:ダイスプロジェクト

 福岡県立山門高等学校 食物部(同市)とみやまスマートエネルギーが、共同プロジェクトとして「みやま高校生お弁当プロジェクト」を始動。活動の成果発表として、みやま市産の食材を使ったお弁当「みやまの玉手箱」が数量限定で販売されます。

提供:ダイスプロジェクト

 同品は、生徒が食材を選び、メニュー開発や試作を重ねるなど、さまざまな工夫が盛り込まれたお弁当となっています。販売は1月30日(日)「さくらテラス」にて。先着100個限定のため、なくなり次第終了となります。

「みやまの玉手箱」販売会

販売日:1月30日(日)12:00〜
場所:さくらテラス(福岡県みやま市瀬高町小川15-1)
価格:650円、350円(税込み)
主催:福岡県立山門高等学校 食物部、みやまスマートエネルギー
※先着100個限定。なくなり次第、販売終了
※実施内容は変更となる場合あり

※この記事内容は公開日時点での情報です。

  • URLをコピーしました!

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる