入学して2日目の息子が帰宅しない… 集団下校でまさかの展開!

 息子が小学校に入学して2日目。集団下校で自宅近くまで帰ってくる… ハズだったのですが。いつまで経っても現れない息子。学校に連絡してみると、まさかの展開になっていたのです。

目次

入学して2日目 初めての下校

写真AC

 息子が小学校に入学して2日目、集団下校で自宅近くの郵便局まで帰ってくる予定でした。集団下校と言っても少人数の学校なので、1集団は4~5人と小さなものです。

 下校時間に私も郵便局に向かいましたが…。予定時間を20分過ぎても息子は帰ってきませんでした。

交通事故だけが気がかり… 息子はどこに!?

 私達は過疎地に住んでいるので、街中に比べると誘拐などの犯罪に巻き込まれる心配はしていませんでした。ただ、学校から郵便局に帰るまでに大きい道路を何本か通る必要があり、大型のトラックもよく通るので交通事故だけは入学前から気がかりでした。
 しかし、初めての下校でここまで心配する事態になるとは思っていませんでした。

 学校に携帯で電話すると教頭先生から
 「1年生がいる集団には先生が付き添っているのですが、先生も郵便局に行っていませんか?」との返答。私はずっと郵便局にいますが、誰も来ていません…。

 何かアクシデントがあったのは間違いなさそうです。
教頭先生も
 「下校指導の先生に連絡を取ってみて、手の空いている職員で学校の近くを探してみます!」と言って下さいました。

ついに現れた息子! 一緒にいたのは…?

写真AC

 学校から再び電話が掛かりました。内容は
 「すみません… こちらのミスで息子さんのグループには誰も先生がついていないようです。付き添いの先生が転勤してきたばかりで、間違えて違う児童の付き添いに行っているようでして… 。」というもの!

 息子よー! どこにいるのぉーー! と思っていたら、息子が見知らぬ女性に手を引かれながら現れました!
 一緒に歩いてくれていたのは、上級生の先輩ママのAさん(私は初対面)でした。 Aさんは私よりも育児経験が豊富なようで、落ち着いた表情で
 「わが家の前で困った様子だったので、ここまで連れてきました」と声を掛けてくれました。息子の方はクタクタな様子で
 「ただいま…」と一言。

 Aさんに丁寧にお礼を言って、私たちも帰宅することに。その後息子に状況を聞くと…。
・今日は1、2年生のみ、3人で集団下校した
・他の2人は転校してきたばかりの兄弟だった
・学校から郵便局まで歩くのは3人とも初めてだった
・3人とも郵便局に行くまでに迷子になった
・さらに兄弟ともはぐれてしまった
・困っていた所でAさんに出会った
という事があったそうです。

 つまり「集団下校」と言いつつ、正しい道順を知っている人が誰もいない子ども達だけで下校をしていたわけです…。まぁ、本来はここに学校の先生が付き添う予定だったわけですが…。
 わが家から学校へは1kmくらいの距離ですが、Aさん宅を経由したと考えると、息子は多分2kmくらいは歩いたのだと思います。

初めての下校が大冒険に

 入学して2日目、何もなくても疲れてしまうはずですが、下校時間に迷子になった息子。予想通り20時前には布団に入りグッスリでした。

 学校の先生からは翌日にお詫びの電話がありましたが、息子も無事に帰ってきたので
 「今後気を付けてください」と答えて話を終えました。

 学校や先生に頼りっぱなしは危険という事も再確認。交通安全やルールについては、私達両親が子どもに色々教えていく必要があるなと感じた出来事でした。

 (ファンファン福岡公式ライター / すずとふくみみ)

あわせて読みたい
9歳の息子が門限を過ぎても帰宅せず、必死で探した魔の時間 わが家の9歳の息子の門限は午後6時です。息子は友達との遊びがどんなに盛り上がっていても、時間になれば必ず切り上げるタイプ。いつもきちんと門限を守るため、安心していました。ところがある日、午後6時半を過ぎても家に帰って来ません。もしかして息子の身に何かあったのかと、不安でたまりませんでした。
あわせて読みたい
1年生の宿題にまさかの苦戦! 今どきの計算とは? 出典:iStock.com/edgardr  小学校1年生になった次女。毎日宿題を出されています。その内容は私が小学生の頃とは違い、親も「参加型」なのです。    この日の宿題は...
あわせて読みたい
1年生の壁!? ぐー握りで鉛筆の芯がバキバキに…  息子が新1年生になり、悩んだのが鉛筆を上手に持てないことでした。ぐー握りで鉛筆を力強く持ち、角度もほぼ直角…。せっかく削った鉛筆の芯がバキバキと折れてしまう...

※この記事内容は公開日時点での情報です。

  • URLをコピーしました!

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる