大ピンチ! 娘と鍵は家の中! その時に私がとった行動とは

 1歳の娘との買い物帰り。私の不注意で娘と鍵は家の中に…。まさかのハプニングで慌てる私! 家の中から泣き叫ぶ娘! 無事に再会できるように私が試みた行動とは?

目次

子育て中のお助けアイテム

写真AC

 買い物へ行き、パンパンの2つの袋を自転車のカゴへ乗せ帰宅。いつもなら、荷物 → 娘 の順番に玄関へおろすのですが、その日は娘がご機嫌斜め。泣きベソをかきながら、足をバタバタさせ自転車を揺らし始めました。

 私は「危ない!」と思い、左腕で荷物を持ち、右腕で娘を抱えることに。こんな時のお助けアイテムがピッと玄関にかざすだけで、自動開閉してくれる“カードキー” です。

 無事に娘と荷物を家の中に入れ、自転車にカバーをかけようと私は一旦外に出ました。カードキーは、自動開閉です。ドアが閉まった瞬間に鍵も閉まってしまうので、私はいつものようにドアストッパーをかけました。

 カバーをかけ、自転車の鍵を玄関へ置きます。ポストの中を確認しようと再び外へ出た瞬間! 何を思ったかストッパーを無意識にはずしてしまったのです。

 慌ててドアに目をやりましたが、時すでに遅し… 
“ガッチャン!”と勢いよく鍵が閉まりました。

まさかのハプニングに大慌て!

写真AC

 閉まった瞬間に
 「あっ!」と声が漏れ、しばらく私はフリーズ。
 「いや… 奇跡的に開いているかも」と確認するもそんなはずはありません。

 目の前がサーっと真っ白になりましたが、娘の泣き声で我に返り「どうにかしないと」と大慌て! リビングの窓も今日に限ってバッチリ閉まっています。

 「2階のベランダから…」と目線を上にやるも「今日は夕方から雨だから洗濯物は部屋干しにしてた」と扉すら開けていない現実。

 次に「よしっ! 旦那に来てもらい開けてもらおう!」とスマホを探すもどこにも見当たりません。まさかのスマホも玄関に置きっぱなし…。

 今日の行動全てを悔やむ瞬間でした。

私がとった行動は?

写真AC

 窓も開いてない、スマホもなく連絡手段も無い…。
 「どうしよう…」としばらく呆然としている間も、娘の泣き声が止むことはありません。 

 私は意を決し、50代くらいの女性が住んでいる、お隣さん宅のインターホンを鳴らしました。
お隣さんは不思議そうな声で
 「はい…?」と一言。挨拶程度の付き合いしかない私が日中に訪ねてきたので、当然の反応です。

 「申し訳ございません。娘と鍵、スマホを家に置いたまま鍵が閉まってしまって…」と今にも泣きそうな声で伝えると
 「あら! 大変!」と言い直ぐに玄関を開けてくれました。そしてスマホもお借りでき、無事に旦那へ連絡を取ることができたのです。

 知らない番号からの電話に
 「… はい?」と警戒心を持ちながら出る旦那へ、事の一部始終を話しました。

 旦那はあまりにも慌てる私に
 「落ち着いて。直ぐに行くからちょっと待ってて」と言い電話を切りました。職場から自宅までは車で5分の距離。お隣さんへ何度もお礼を言い、少し待つと旦那の車が見えました。車から降りてくると冷静に
 「大丈夫?」と私に言って、急いで鍵を開けてくれました。

 家の中に入ると、顔をぐしゃぐしゃにして号泣している娘。私は抱きしめてただ謝ることしができませんでした。

その後気をつけていること

 その一件の後、カードキーは使わなくなり、手動で回す鍵で生活をしています。今回学んだのは「急いでいる時こそ丁寧に行動すること」です。

 子どもがぐずる、鍵が家の中… どれもパニックになりますが、1度冷静に考え落ち着くことが大切です。打開策は意外と近くにあるかもしれませんよ!

(ファン福岡公式ライター / onoeri)

あわせて読みたい
「ママあけて!」 トイレの鍵が開けられず泣き叫ぶ兄弟の運命は? わが家の兄弟は、兄が4歳、弟が2歳の時に多目的トイレに閉じ込められたことがあります。閉じ込められたというか、「自ら閉じこもってしまった」という方が正しいのですが。 通いなれた近所のスーパーですっかり油断していた私。子どもたち2人だけでトイレに行かせたことが、この騒動を引き起こしてしまったのです。
あわせて読みたい
義母に合鍵を渡したら黙って家に入ってくるように…それを撃退した秘策とは? お恥ずかしい話ですが、先日、鍵をなくして夜中に自宅から閉め出されてしまいました。玄関のインターフォンを鳴らしても、旦那の携帯電話にかけても応答無し。熟睡した...
あわせて読みたい
「息子さん、交番にいます」警察からの電話 子どもとすべき約束とは ワーママにとって子どもが小学生になることは嬉しい反面、不安に思うことも…。いわゆる「小一の壁」を経験したわが家の「コレだけは確認しておくべし!」をお伝えします。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

  • URLをコピーしました!

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる