とっておきの冬パフェコレクション ~後編~

 春や夏でなく、寒い季節にも暖かい部屋でとろけるパフェを。旬の果物、ソースやクリーム、素材や美しいデザインにも注目の福岡市内のパフェを紹介します。

目次

イチゴのおいしさ キュンとはじける

ミルキーベリーパフェ(1,300円)
底に敷いたシャンパンジュレやストロベリームースの香りもふわり

 パティシエによるスイーツが自慢のカフェバーで人気は、果物たっぷりのパフェ。イチゴの季節に登場するパフェは、あまおうなどのブランドイチゴを厳選した贅沢(ぜいたく)なおいしさです。2種類のジェラート「ミルク」と「いちごミルク」の滑らかで濃厚な口溶けもたまりません。

 いちごのミルフィーユ(980円)。好みのジェラートを選べる 

 光が差し込むデッキフロアと落ち着いたカウンター席を用意

 「8〜10種類のジェラートもすべて自家製」と、スタッフの坂狩美春さん

Luce fiore(ルーチェ フィオレ)

住所:福岡市中央区大名1-10-16 ラガッツア大名 1階
電話:092-406-2719
インスタグラム:@ luce_fiore.fuk

隠れ家で味わう 濃厚プリンパフェ

イチゴのプリンパフェ(1,700円)
プラス100円でカスタードプリンを濃厚黒ごまプリンに変更可能

 大名のカフェバー「OTOE」の姉妹店として21年7月にオープン。古いビルをリノベーションした隠れ家のような空間で、自家製プリンと果物を主役にしたパフェやスイーツを味わえます。4月ごろまでの限定品は「イチゴのプリンパフェ」。多彩なオリジナルカクテル、ノンアルコールカクテルと一緒にどうぞ。

 作家によるドライフラワーのブーケも500円から販売

 店内に飾るドライフラワーやキャンドルはオーナーの作品 

「平日午後2時、土日祝は午後1時から営業」と、店長の髙比良大気さん

cafe&bar EGOTO(カフェアンドバー エゴト)

住所:福岡市中央区舞鶴1-9-11 第二ハリウッドビル203
電話:092-707-3395
インスタグラム@egoto_fukuoka

お酒とパフェの幸せなマリアージュ

モンブランパフェ(1,400円)
紅茶のジュレ、シャインマスカット、栗のブリュレなどが重なり合う

 神戸に本店を置き、21年10月に福岡で2号店を開店した同店。注文ごとに仕上げる「アシェットデセール」(皿盛りデザート)が自慢で、モンブランのタルトをのせる「モンブランパフェ」もその一つ。パティシエ兼バーテンダーの松山さんが提案するお酒と合わせれば、香りと味わいがいっそう高まります。

 

 とろける「フォンダンショコラ」(900円)はラム酒によく合う

 席料500円で、自家製マカロンなどのチャーム(お通し)付き 

 「夜のみ営業。ノンアルカクテルもどうぞ!」と、オーナーシェフの松山秀樹さん

Sweets&bar Mont Pignon Fukuoka(スイーツ バー モン ピニョン)

住所:福岡市中央区西中洲3-1 デルタウエスト2階
電話:092-791-8395
インスタグラム:@sweetsbar_montpignon_fukuoka

あわせて読みたい
とっておきの冬パフェコレクション ~前編~ 春や夏でなく、寒い季節にも暖かい部屋でとろけるパフェを。旬の果物、ソースやクリーム、素材や美しいデザインにも注目の福岡市内のパフェを紹介します。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

  • URLをコピーしました!

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる