有給休暇の前借り!? 新入社員・驚きの申請理由にびっくり

 私は社員が約20名の小さな会社に勤めています。営業部長の紹介で入社した34歳の彼女。好印象を持ったのも束の間、非常識過ぎる行動が目につくようになってきたのです。有給休暇を前借申請した彼女の、驚きの理由とは?

目次

毎日の遅刻

写真AC

 入社初日。明るく笑顔で挨拶する目のぱっちりした彼女に、かわいい後輩ができたと嬉しく思っていました。お友達のご主人だという部長を下の名前で呼ぶ様子に一抹の不安を感じてはいたのですが…。

 働き始めてすぐ、11時のコアタイムに遅刻する日が増えてきました。 「電車が遅延している」「体調不良の人がいて電車が止まっている」毎日のように連絡チャットにメッセージが届きます。大雨の日には「雨が強くて家から出られないので遅れます」と連絡が来ました。警報は出ていないので、小学生もいつも通り登校しているのに…。

 さらに遅刻しても挨拶も謝罪もなく、それどころか、タイムカードには「電車遅延・出勤10:30」と記入していることが発覚。私は彼女を信用できなくなり、次第に距離を置くようになりました。

有休って前借りできるの!?

 有給休暇を利用して夏休みを取る社員も出てきた7月のこと、行先ボードに「月・火曜日有休」と書いて彼女は休んでいました。入社5カ月の彼女には有給休暇は支給されていないはずです!

 人事曰く
 「有休を前借りすると申請された」と。それも、一緒に暮らしている“母とゆっくり食事にでかけたい” という理由で! 「来月ではダメだった? 一緒に住んでいるお母さまと? 有休の前借りってできるの?」色々な疑問が浮かびました。

 何か訳があったのかもしれませんが、せめて事前に休むことを周りのスタッフに伝えることはできなかったのか。少なからず迷惑をかける周囲へ配慮できなかったのか、とモヤモヤしてしまいました。

完全に失った信頼

写真AC

 その後「コアタイムには遅れないように」というアナウンスが人事部からありましたが、彼女は30分程の遅刻を続け、部長と一緒に1時間半もの昼休憩を取ることも頻繁にありました。

 仕事でも
 「これからアポがあるので」
 「わからないので、やって貰えますか?」と言って、面倒な業務や資料を調べればわかる作業を、他のスタッフに半ば押し付けで頼むことが増えるように。

 そんな彼女に対して私は、ますます苦手意識が強くなっていきました。若くて可愛さを武器にしている彼女に、嫉妬を感じているのかな。ちょっと鼻にかかる高い声で話す彼女の“あざとい” 雰囲気に、必要以上に厳しい目で見てしまっているのかな… と自己嫌悪のような気持ちになることも。これまで後輩女性を妬んだことはなかったので、正直戸惑いました。

 ある日、部長と彼女が出かけている時のこと。同じ部署のスタッフが
 「遅刻した上に直帰する彼女に、仕事を押し付けられた!」と愚痴ったことがきっかけで、多くのスタッフが同じように感じていたことがわかりました。
 「部長との関係が気持ち悪い」
 「驚くほど仕事をしない」
 「自分を甘やかしてくれる人を常に探しているような人」男性からも辛辣な意見が出てきて驚きました…。

私は私!

 日頃の態度や心持ちは周囲の人に伝わり、自分の蒔いた種は自分に返ってくるのだなと気づいた出来事でした。
 正直、丁寧に作業をしたり、残業して提案書を仕上げたりすることを「一生懸命仕事をする方が、馬鹿らしいのかな?」という気持ちになっていました。でも、これからも自分に恥じない行いで、回り道になっても正しい道を歩んでいきたいと思っています。

(ファンファン福岡公式ライター / minato)

あわせて読みたい
「冬は遅刻するのでヨロシク」 職場で仰天した新人オバさんの発言!  昨年の春、私が勤務する職場に50代後半の女性の新人さんがやってきました。それなりのキャリアもあるという事で採用されたらしく、優しそうな雰囲気で仲良くやっていけるだろう、と思いました。しばらくは慣れない仕事で彼女もまごついていましたが、職員みんな温かい目で見守り、早く慣れるようにとの一心で一生懸命サポートしていたのですが…。
あわせて読みたい
やる気なし? それとも常識なし? 驚きの新入社員研修 新人教育をした時の驚きエピソードです。2年ぶりに新入社員が入社し、私は研修担当になりました。大卒の22歳、社会人経験がないとはいえ、そのマナーと知識のなさに驚かされることになるとは…。ビックリ新人の驚きの生態をぜひ聞いてください!
あわせて読みたい
繁忙期に限って会社を休む新人。嘘の口実がバレた理由とは…?  家族が体調を崩した、身内に不幸があった、友人の結婚式に参列する・・・。皆さんも、一度くらい嘘の口実で、仕事を休んだことがあるのではないでしょうか。  通常の休...

※この記事内容は公開日時点での情報です。

  • URLをコピーしました!

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる