ママ友から深夜にビデオ電話 小6娘がお友達に意地悪をしている?!

 娘は小中高と持ち上がる学校に通っていたので、ママ友とのつきあいには気を遣っていたつもりでした。小6のころ仲良くしていた2人のお友達とは家も近く、ママ同士も仲良くしていたので、まさかトラブルが起きるなんて想像もしていませんでした。

目次

ママ友から深夜にビデオ電話

写真AC

 ある平日の0時頃、 2人のママから週末ランチのお誘いがあり、お断りしたところ突然ビデオ電話がかかってきました。
 「Aちゃんが学校を休みがちなのは知ってる?」といつもの調子で話すのはBちゃんママ 。
 「〇〇ちゃん(娘)に意地悪されてるから、行きたくないって!」突然の言葉に驚きました。

 つい先日もAちゃんはわが家に遊びに来ていたし、3人でお出かけもしていたのに…。不思議に思い
 「具体的に何があったのかな?」と聞いてみました。

 「テストの点数を聞かれたのが嫌だったみたい」と当たり前でしょと言わんばかりにAちゃんママ 。
 「〇〇ちゃんは中心的な存在で、怖くて逆らえないのよ」Bちゃんママが続けます。

娘の気持ちを守りたい

 娘が意地悪をしているとは思えず、画面の後ろの方、ソファで寝ている姿が見え隠れするAちゃんに話しかけました。
 「Aちゃん、何があったのかな?」

 近くにいた娘も驚いたようで
 「何が嫌だったの?」と聞きますが、Aちゃんは黙って隠れたまま…。訳がわからず娘は涙を浮かべています。私は
 「Aちゃんが言い始めた事だから、責任をもって話さないといけないと思うよ。理由がわからないと謝ることも、気を付けることもできないよ」と説得を試みました。

 するとAちゃんは嗚咽して泣き出してしまいました。
 「泣いてるから話せないわ」と庇うAちゃんママ。
 「他人の子を泣かせるなんて!」とBちゃんママは怒っています。

 …じゃあ、泣いている娘の気持ちは?

 結局、深夜2時頃まで平行線のまま、泣いてばかりのAちゃんとそれを庇うママたちにうんざりした娘が、横から電話を切って終わりました。
 「他人の子に厳しく言うなんて常識外れよ!」とBちゃんママからは長文のライン攻撃が続きます。Aちゃんママからは「しばらく距離を置かせてもらいます」と一方的な連絡が。

 感情的な態度に辟易としながら、まずは娘の気持ちを聞いてケアをしたいこと、子どものトラブルをママのトラブルにせず、一緒に解決したいと思っていることをなるべく冷静な文章で返信しました。
 正直、深夜に連絡してくることも、Aちゃんの話だけを鵜呑みにして2人で娘を責める態度にも、今後関わりたくないと思っていましたが、娘の学校生活を考えて何とか踏みとどまったのです。

反抗期の娘との関係が変わった

写真AC

 嫌な経験でしたが、これを機に反抗的だった娘の態度が変わりました。学校での出来事を話したり、素直に相談したりするようになったのです。
 「わたしの意見を聞いてくれると思わなかったので驚いた」と話してくれました。すぐに叱らず、冷静に娘からも話を聞こうとした姿勢に、「ママは私のことを信用してくれている」と感じたそうです。そして、「わたしは間違っていなかった」と自信を持てたといいます。

トラブルで気づいたこと

 2人のママ友とはそれっきりですし、娘も信用できない友達はいらないと2人と関係を絶っているようです。

 子どもを大切に思うママ同士だからこそ、トラブルはあるかもしれません。そんな時に正しい判断ができるよう、日頃から子どもとコミュニケーションを取り、信頼関係を築いておくことが大切だと再認識しました。それが子どもを守り、正しく導くことになるのだと思います 。
(ファンファン福岡公式ライター / minato)

あわせて読みたい
入園後子どもが意地悪な子のターゲットに? その時ママはどうするか  息子がこども園に入園し、しばらく経ってからのことです。お迎えの時、園庭で悲しそうにしている息子を発見。どうやらある一人の友達から意地悪をされている様子。1人目育児で、不安ばかりだった私でしたが、なんとか解決の糸口を見つけました。今回は、私が実際にやって良かったトラブル対処法をご紹介したいと思います。
あわせて読みたい
保育園の非常識親子にロックオンされた! さぁ逃げ切れるか?!  ある日、保育園に長男をお迎えに行くと、園でも有名な “困ったちゃん” 親子と遭遇。散々つきまとわれたあげく、夜7時半に、これからわが家で遊びたいと駄々をこねはじめ…。非常識親子から逃げ切ることはできるのでしょうか!?
あわせて読みたい
9歳の息子が門限を過ぎても帰宅せず、必死で探した魔の時間 わが家の9歳の息子の門限は午後6時です。息子は友達との遊びがどんなに盛り上がっていても、時間になれば必ず切り上げるタイプ。いつもきちんと門限を守るため、安心していました。ところがある日、午後6時半を過ぎても家に帰って来ません。もしかして息子の身に何かあったのかと、不安でたまりませんでした。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる