「国東っていいね」 食べて、歩いて、疲れを癒やす一泊二日の旅

 2021年11月、シティプロモーションの一環として発行された大分県国東(くにさき)市のタブロイド判情報誌「アナタと同じくらい国東が好きになりました」。偶然立ち寄った「国東フェア」をきっかけに初めて国東を訪れた夫婦の様子がストーリー仕立てで描かれています。紙面には自慢のグルメやお宿、土産処などの情報もたっぷり掲載。本記事では、同紙の中からランチ、ロングトレイル、宿、土産処の情報をお届けします。

目次

「アナタと同じくらい国東が好きになりました」

 国東の文字を見たのは先日出かけた「福岡三越」でのこと。たまたま開催されていた「国東フェア」に立ち寄った際、ワタシが美味しそうな海産物やシイタケを物色している時にアナタはなぜか大量のパンフレットを抱えていた。きっと彼の頭の中は国東で溢れていたに違いない。それから一週間後、福岡から約2時間半の国東の旅が始まった。

海の幸を贅沢(ぜいたく)に使った“ご当地メシ”【国東ランチ情報】

 国東のブランド魚・太刀魚「銀たち」が味わえる「銀たちの郷」。刺身はもちろん、特製タレで食べる「太刀重」が同店の名物料理。ふわっとした太刀魚の食感と甘みのあるタレ、さらにシソがアクセントになり絶妙な味わいに。

【銀たちの郷】
住所:国東町小原2662-1 道の駅くにさき内
電話番号:0978-73-2170

国東の海で育まれた恵みを味わう「国東ランチ」

 また、豊富な海の幸も魅力の一つ。特製の醤油ダレを地魚に絡めてご飯にのせた「食彩 元屋」の琉球丼(写真左)や国東産姫だこをふんだんに使った「松風」のたこちゃんぽん(写真中央)、車海老が2尾のった「レストラン美浜」の車海老の天丼(写真右)といったご当地グルメもそろう。

【食彩 元屋】
住所:国東町鶴川1323-1
電話番号:0978-72-5088
【松風】
住所:国東町富来浦699-19
電話番号:0978-74-1200
【レストラン美浜】
住所:国見町伊美4252-1 道の駅くにみ内
電話番号:0978-89-7055

食事の後はちょっと歩いてみない?【国東半島峯道ロングトレイル】

 夫の誘いで向かったのは旧千燈寺跡から五辻不動を巡るトレッキング。緑の木々を抜ける道は気持ち良く自分でも驚くほど歩いた。

【国東半島峯道ロングトレイル】
 国東半島で古くから行われてきた六郷満山峯入行(ろくごうまんざんみねいりぎょう)のコースをベースに、登山道や遊歩道を追加するなど、心地良く歩けるトレイルとして再構成したもの。全長約130キロで、全10コースが設定されている。

日本の原風景を感じる旅路「国東半島峯道ロングトレイル」

 岩山の迫力ある風景とそこに残る信仰の史跡に囲まれた足跡をたどり、歴史の奥深さを実感。

【大不動岩屋】
 開放的な内部は明るく広々としており、岩壁には風化した石仏が1体鎮座。この場所からの眺望は素晴らしい。

【旧千燈寺跡】
 美しさと迫力のあるレリーフ状の珍しい仁王像。静けさの中に迫力を感じる。紅葉の時期もオススメ。

【葛原集落跡】
 林の中に住居の跡である石組みや御社の跡が残る。鳥居の両側には小さな可愛らしい仁王像が並ぶ。

一日の疲れを癒やす、旅の醍醐味【国東の宿】

 宿泊は大正ロマン溢れる趣のある宿「海喜荘(かいきそう)」で。天然温泉で旅の疲れを癒し、国東の幸をふんだんにつかった夕食と地酒「西の関」に舌鼓。贅沢(ぜいたく)すぎる一日を締めくくった。明日はどんな国東を見られるのか、期待に胸が弾む。

山の絶景も海の絶景も宿から眺める「国東の宿」

 山と海に囲まれた国東は宿からの眺めを楽しむことができる。

 千燈岳を眺めながら天然温泉が満喫できる「あかねの郷」。露天風呂と地魚会席が自慢。

【あかねの郷】
住所:国見町赤根2064-3
電話番号:0978-82-1571

 全室オーシャンビューの「ホテルベイグランド国東」では、展望大浴場から瀬戸内海を望める。木々に囲まれ、くつろぎのひと時を。

【ホテルベイグランド国東】
住所:国東町小原4005
電話番号:0978-72-4111

旅の締めくくりにとっておきの一品を【国東の土産処】

 いつもは遅くまで寝ている夫が今朝は日が昇る前に起床。ワタシの腕を引いて伊予灘へ向かった。眠たい目を擦って見た日の出は圧倒的に美しく感動した。

 国東の旅も終盤に差し掛かろうとしている。新鮮な魚介や山の幸を自宅でも味わえるさまざまな加工食品や工芸品まで、国東の魅力を集めたお土産も欠かせない。

 お土産探しのために立ち寄った「林田かまぼこ店」で揚げたてのたこ天を発見。 国東名物の一つ、姫だこをふんだんに使用した「姫だこ天」が人気のかまぼこ店だ。姫だこ天のほか、「はもの皮巻」や「柚こしょう蒲鉾」なども。

【林田かまぼこ店】
住所:国東町田深363
電話番号:0978-72-0450

国東の魅力をギュッと集めた「土産処」

 大切な人に贈る、とっておきの一品を探してみて。

 国東産のさまざまな食材がならぶ直売所。はちまきをした「願いだこ」が出迎えます。くにみ海浜公園や、くにみオートキャンプ場も隣接。

【道の駅くにみ】
住所:国見町伊美4252-1
電話番号:0978-89-7117

 大分空港そばに位置し、新鮮な野菜や加工品が充実。国東産素材をふんだんに使用したソフトクリームも大好評!

【大分の空むさし】
住所:武蔵町糸原3550
電話番号:0978-69-0056

 店内では旬の朝採れ野菜や果物、手作りのおまんじゅうなどを販売。ランチやスイーツが味わえるカフェも併設されています。

【里の駅 ふるさと市場R213】
住所:安岐町下原2235
電話番号:0978-67-3362

 思い立ったように訪れた国東の二日間。旅の終わりに淹れたてコーヒーを口にしながら「国東っていいね」と顔を見合わせた。

問い合わせ:国東市役所政策企画課広報係
電話番号:0978-72-5008

※この記事内容は公開日時点での情報です。

  • URLをコピーしました!

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる