【辛ラーメン ポックンミョン(炒め麺)】をついに食べた

韓国を代表するラーメンと言えば「辛ラーメン」。その辛ラーメンに「汁なし」タイプ=ポックンミョン(炒め麺)が出たと聞いたのは半年ぐらい前でしょうか?辛ラーメンの流れをくんだ商品、これは絶対間違いないはず!と思ってはいたものの、なかなか売ってないんですよ。が…ついに見つけて買っちゃいました。

目次

博多のとあるお店で130円でした

嬉しい!
ついに手に入れました。辛ラーメンポックンミョン。

なになに…水600mlで2分間ですと…
それぐらいのハングルは読めても意味が分からない、でもこの絵を見ると大体分かりますね。
途中で水を捨てて、「良い感じ」でソースを入れるってことですよ。たぶん。

クッキングスタート

ラーメン・焼きそばには野菜山盛り、それがわたしの流儀。

野菜は3人分

ちゃちゃっと野菜を炒めまして、袋麺をオープン。

麺とかやく、あと粉タイプのスープと液体調味料が入っています。
麺は見た感じ通常の辛ラーメンより細めでしょうか。

水600mlで2分間グツグツ。

2分以上かかりましたが麺が良い感じになりました。
ここから余分な水分を捨てまして…

野菜を入れて、粉末ソース、液体調味料かけます。
余分な水分を飛ばしまして、皿に盛ったらできあがり。

はたして美味しいのか

見た感じはそこまで赤くないです。
ブルダックポックンミョンみたいな刺すような香りもなく、美味しそう。

「辛」マークが良いですね。
では、いただきます。

「鬼ウマ」やないかい!
まさに辛ラーメンが焼きそばになった味。いや、想定していたより3割増しで美味いです。
これはチーズをオンするとさらに美味しいはず(でもカロリーを気にして今回は自粛)。
それにしても、もう完全にハマりましたよ。好きです!

※この記事内容は公開日時点での情報です。

  • URLをコピーしました!

著者情報

福岡市在住約15年。 カレーと多少のお酒をこよなく愛する会社員。「まずは定番メニューから攻める」が信条ですが、これからは新メニューにもどんどんチャレンジしていきます! インデアンカレーの福岡進出を心より祈念しております。

目次
閉じる