人工授精5回でも妊娠できず…覚悟を決め仕事を辞めた結果

 なかなか妊娠せず、不妊治療に通うことに。しかし、急な来院指示や一日おきの通院が必要で、仕事との両立は想像以上に大変。仕事を辞める決意をし、体外受精に進もうとした矢先…

目次

忙しい職場だけど

写真AC

 結婚3年目。私は憧れていた出版社で働きながらも、妊娠しないことに悩んでいました。

 「一度、不妊治療専門の病院に行ってみない?」私の提案に夫も賛成してくれ、職場から電車で20分先の病院に通うことに。一方職場の出版社は、締切やノルマに追われる忙しい環境。

 常に支店長が怒鳴っていて、私も「いつ怒られるか」とピリピリしていました。しかし私はパート職だったため、比較的休みも取りやすく、治療と両立できるだろうと思っていました。

 病院へ通いはじめ、数回目の診察中。その日もなんとか時間を作り午前休を取ったのに、医者からさも当然のように
 「それじゃ、明日も来て」と言われ、戸惑いました。

 「明日はちょっと…」と渋ると、医者は
 「不妊治療はタイミングを合わせないと無理ですよ」と呆れた表情。生理周期に合わせて検査や治療をするので、日をずらすのは難しいと知り、やっと「甘かった!」と気が付きました。

 職場では不妊治療中だと話していなかったため、同僚に対し「みんな忙しいのに」という罪悪感が。支店長に
 「明日も早退を…」と言うと
 「はいはい」と、呆れた顔。うんざりされていると思うと、苦しかったです。 

人工授精にチャレンジするも…

写真AC

 数カ月タイミング法を試しても妊娠せず、焦る日々が続きました。

 医者の
 「人工授精にチャレンジしよう」真剣な表情の一言に、「次はきっと!」と前向きに挑戦することに。しかし、人工授精は更に通院が大変でした。
 
 指定日の朝一番に治療に行き、以降一日安静。その後は一日置きに通院が必要とのこと。早退したり出社時間を遅らせたりしながら、通院する毎日が続きました。同僚も
 「どこか悪いの?」と心配してくれましたが、正直に言えず
 「ちょっと持病で」と濁していました。

 人工授精は5回もしましたが、妊娠に至らず「時間とお金だけがかかる…」と次第にきつく感じるように。医者から
 「体外受精に挑戦してみては」と提案されましたが、体外受精は金額も大きく、決意が必要。

 幸い夫は前向きで
 「貯金あるし大丈夫! 頑張ろう!」と明るく頼もしかったですが、私は「高額な体外受精をする前に、体と心をしっかり整えたい」と考え退職を決意。

 支店長に話すと何かを察していたのか「体を大事に」と円満退職できました。

まさかの自然妊娠?

写真AC

 退職後2カ月は体を戻すため治療は休み、友達と遊んだり、夫と食事に行ったりとゆっくりと過ごしました。
 そしていよいよ治療再開の日。久しぶりの病院で、体外受精前段階の薬が処方されました。

 しかし翌日…「体がいつもと違う?」生理のような出血があったかと思うと、すぐに止まり体温も下がらないまま。「まさか?」と思いつつ、妊娠検査薬を使うとなんと陽性!

 急いで病院に電話すると、医者も
 「え? どういうこと?」と驚いた声。その後、病院でも妊娠確認ができ「来てくれてありがとう!」と夫婦で喜びました。

 いま振り返ると、思い切って仕事を辞め「怒られるかも」「また休んでしまった」というストレスがなくなったのが、よかったのかなと思います。

 不妊治療と仕事の両立は本当に大変。本来は周囲に理解を求めるべきで、安易な退職はおすすめできません。ですが私の場合、無事産まれた子どもの笑顔を見ていると、あのとき辞める決断をしてよかったと心から思えています。

(ファンファン福岡公式ライター/片岡みや)

あわせて読みたい
不妊治療3年。心も体もちょっと一休みしようと決めたら… 夫と結婚したのが31歳のとき。いつかは子供が欲しいねと話していましたが、結婚直後はお互いの仕事やプライベートの関係で妊活をしないまま。結婚して2年がたち、生活も落ち着いていよいよ妊活のタイミングがきました。妊活を決めてから、すぐに不妊治療クリニックに予約をとることに…。
あわせて読みたい
マタハラで退社の危機に! 私を救ったのは、意外なあの人でした 「女性活躍推進法」がスタートして数年。皆さんは、女性が働きやすくなったと実感することはありますか? 「時短勤務が、子供が3歳までだったのが、小学生までに延期さ...
あわせて読みたい
不妊治療における様々な検査。どんなもの?費用や痛みは? 精神的に限界を感じて不妊治療を約1年休んでいる間に、新しくできるようになった検査や、これまでやったことのなかった検査も受けてみる事になりました。不妊治療において医療技術は年々進んでいます。今回は私も受けた検査についていくつかご紹介していきたいと思います。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

  • URLをコピーしました!

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる