ホワイトデーに向け手作りクッキーを特訓! まさかの展開に…

 お菓子作りが苦手な私ですが、息子の「手作りお菓子を友達に渡したい!」という願いを叶えるため、奮起しました。特訓の結果、どうにか形にすることができたのですが、努力は無駄に。その上、私の身に起きた恐ろしい変化をお話します。

目次

「お菓子作りを作りたい!」息子の言葉に奮起

写真AC

 幼稚園年長の息子は、英語教室に通っています。幼稚園の教室を間借りしたレッスンのため、他のメンバーは顔見知り。和気あいあいとしたレッスンで、息子も楽しんでいました。

 レッスンはクリスマスなどの行事を大切にし、イベント日には、生徒同士でお菓子交換をします。バレンタインデーには、メンバーから手作りのチョコやマフィンを貰いました。

 わが家は市販のお菓子をラッピングして配ったのですが、可愛らしい手作りお菓子を手にした息子は、目をキラキラさせながら私に訴えます。

 「ホワイトデーにはお菓子を手作りしたい!」

 私は大雑把な性格で、お菓子作りは計量に失敗したりバターを溶かしすぎてしまったり、失敗ばかりですが、「息子の願いを叶えたい!」と、一念発起しました。

苦手なクッキー作りを特訓

写真AC

 まずは、動画サイトで息子と一緒にレシピを検索。
 「これが作りたい!」息子が選んだのは、ステンドグラスクッキー。クッキーの中心部にカラフルな飴を溶かし入れたお菓子です。

 作り方は、まずクッキー生地を作り、ドーナツ状に真ん中を空けて軽く焼く。焼きあがったら砕いた飴を穴の部分に入れ、再び焼くだけ。

 「これなら私にもできるかも…?」さっそく材料を買い、息子と一緒に作ってみましたが…。

 テンションの高い息子は、粉を盛大にこぼすわ、砂糖をつまみ食いするわで、手伝っているのか邪魔しているのか。おまけに、久々に取り出した電子秤の数値がおかしいような?

 どうにか焼き上がったクッキーは、バター多めのブヨブヨ。それでも息子は、お手伝いできた達成感いっぱいの笑顔で
 「美味しいよ!」と食べてくれました。

 息子の期待に応えるために頑張ろう!

 気合を入れ直し、数日後。秤の電池を入れ直して2度目のクッキーを焼きましたが、やっぱり柔らかい…。サイトで原因を調べると、家庭用オーブンには癖があり、わが家のものは温度が低めかもしれない、とわかりました。
 
 そうして3度目。オーブンの癖を踏まえて作り、ついにクッキーを上手く焼くことができました。
 息子は「やったー!」と大喜びです。私も一安心。ラッピング用品も準備しなくちゃ、と心が弾みます。

 しかし、世間では新型コロナウイルスが広がっていました。
 3月からの幼稚園は、保護者が仕事などで家にいられない場合のみ登園させる「自由登園」に。英語教室も休みになりました。

まさかの展開に

写真AC

 その後、一度も英語教室がないまま卒園を迎えます。メンバーには卒園式で会うけれど、コロナ禍なので手作り品は渡せません。

 息子はしょんぼりしながらも、状況を理解し
 「残念だね」と呑みこみます。私も「クッキー作りのスキルは身についたし、まあいっか」という気持ちでした。

 しかし、身についたのはスキルだけではありません。私のお腹には、見慣れない脂肪が。体重も3キロ増えているではありませんか。

 もちろん原因はお菓子です。息子は1回目のクッキー試作で味に飽き、2回目からは、バターや砂糖たっぷりのクッキーを私がドカ食いしました。息子が家にいる時間が増え、一緒におやつも食べていましたし…。

 自粛期間中、脂肪を落とすため室内トレーニングに励んだのですが、脂肪はバターと違ってすぐには溶けないのでした。

(ファンファン福岡公式ライター/芦谷)

あわせて読みたい
ホワイトデー、お返しは何倍返し!? 価値を図られるのは母である私 1年に1度のわくわくするイベント、バレンタインデーとホワイトデー。わが子がバレンタインデーにチョコをたくさんもらうと、母は嬉しいですよね。しかし、幼い息子がもらうチョコは、のんきに喜んでばかりもいられません。なぜならホワイトデーの用意は母の役目。お返しはとても気をつかいます。
あわせて読みたい
昔のホワイトデーは良かった!? 求めるのは3倍返し!  世の中、何でも男女平等になってきましたね。ホワイトデーのお返しもその1つで「3倍返し」から「同価格程度のお返し(男女平等)」になってしまったなぁと日々感じて...
あわせて読みたい
義理チョコに〇倍返し、夫まかせのホワイトデーは危険!?  バレンタインデーは、女子から男子に告白する日…なんていうのは昔の話。今は「友チョコ」「俺チョコ」「ごほうびチョコ」など、新しい「〇〇チョコ」が増えています。...

※この記事内容は公開日時点での情報です。

  • URLをコピーしました!

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる