ダンス発表会で衣装格差?! リーダーママを黙らせた意外な一言

 娘のバトンクラブの発表会。衣装作りは親が担当するのですが、グループのリーダーママは、わが子の衣装ばかり盛る大迷惑ママでした。衣装格差をなくそうと提案しても、ことごとく反対され…。発表会当日まで揉める中、解決に導いたのは意外な一言でした。

目次

卒業に合わせた発表会

写真AC

 バトンクラブでは、小学6年生の卒業にあわせて毎年3月に発表会を開催。5人ほどのグループに分かれて、5・6年生が振り付けを考え、下級生を指導する演目があります。グループの衣装は親が協力して作るのも恒例。リーダーの母親を中心に工夫を凝らします。

 娘が小学3年生の時、グループのリーダーになったのは6年生のNちゃん。衣装はNちゃんママが考えます。娘の喜ぶ顔が見たくて、私は張り切って衣装を完成させました。ところが、娘に着せてみると何か物足りません。

 白いTシャツに、深緑のリボンがついた黒のフレアスカート。黒い靴下をはかせると、喪服のよう…。娘は
 「もう発表会には出たくない」と言い出してしまいました。

衣装格差にがく然!

 次の練習日。衣装を試着するため練習場に行くと、アイドルのように着飾った上級生たちが目に飛び込んできました。娘と同じスカートに、深緑のボレロを羽織り、頭にはかわいいミニハット。下級生とは対照的な姿に、私はがく然!

 グループ演目は上級生たちの見せ場。でも、上級生が主役で下級生が脇役というわけではありません。私は思い切ってNちゃんママに話しかけました。
 「上級生、すごくかわいいね。それに比べて下級生が地味すぎると思うんだけど…」
すると
 「下級生のボレロとハット、予算が足りないからやめちゃった 」と呆れた答えが返ってきたのです。心の中で憤慨するも、娘に発表会を楽しんでほしい私は、余った材料で下級生2人の飾りを作りたいと申し出ました。Nちゃんママはわが子のミニハットをさらに造花で飾り立てながら
 「任せるわ」と興味なさそうです。

髪飾りを横取り?!

 リハーサルまで3日。私は深緑の余り布をかき集めて2人分のボレロと髪飾りを作りました。Nちゃんママに報告メールを送りましたが、戻ってきたのは却下の返事。上級生が目立たなくなる、という理不尽な理由でした。

 結局、渋々許してもらったベストと髪飾りを作ってリハーサルに持っていくと、Nちゃんママは花に仕立てた髪飾りに興味津々。
 「上級生のボレロに付けさせて」と言い出しました。慌てて
 「これは下級生用」とたしなめると、悔しがっています。

 少しは形になったかな、と思いながらリハーサルを見ていると、世話人ママがやってきて
 「下級生がかわいそう。髪飾りを明るくしたら?」とピンクの余り布をくれました。その夜、私は深緑の髪飾りにピンクの花を添え、手直ししました。

一件落着した一言とは?

写真AC

 発表会当日の朝、髪飾りを見るなり
 「何このピンク。取ってくれない?」とケチをつけたNちゃんママ。世話人ママが口添えしても
 「目立ちすぎる」とかたくなです。時間が迫るなか
 「Nに決めさせる!」と言い出しました。

 ところが、Nちゃんは髪飾りを見ると
 「かわいい。ピンクがあるほうが絶対いいよ!」と目を輝かせました。私は胸をなでおろし、周りのママたちも顔を見合わせ、うなずいています。ただ1人、Nちゃんママだけは不満げでしたが、Nちゃんは
 「逆にどうしてダメなの?」と母親に詰め寄ります。純粋にいい発表会にしたいと願う娘の一言が、自分勝手な母親を黙らせたのでした。

 落ち込んでいた私の娘も、発表会では笑顔で堂々の演技を披露。私の努力も報われたのでした。

(ファンファン福岡公式ライター / 繭子)

あわせて読みたい
感動の涙が引っ込んだ!? 娘の初めてのダンスの発表会  子どもの習い事の発表会、ドキドキしますよね。本番で上手くできてもできなくても、小さかったわが子がたくさんの人の前に立ち、努力の成果を見せようとしている姿に、目頭が熱くなってしまいます。  でも娘のダンスの発表会では、涙が引っ込んでしまう出来事がありました。
あわせて読みたい
なんでも真似するマウンティングママ ついに〇〇を購入!? 古くはペアルック、最近では双子コーデ。女性は、お揃いが大好き。 心理学的に女性は、同じ物を身につけたり、同じ行動をすることで、親近感を得たり、同調欲求を満たし...
あわせて読みたい
おせっかいはほどほどに! 習い事でのママ友トラブル  私は今までママ友トラブルとは無縁でした。ところが先日、生来のおせっかいが災いして大失敗! 娘の通うダンス教室で、周囲をモヤモヤさせる事態を引き起こしてしま...

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる