卒園式で全く知らない子どもの写真を撮ることに! 子育てハプニング

 次男が通っていた幼稚園の卒園式。転勤族ということもあり、私は幼稚園のママ達とはあまり関わりがないまま迎えた卒園式でした。そこでたまたま隣の席になった初対面のママさん。どうやら慌てた様子…。卒園式での、思わぬ出来事です。

目次

卒園式で隣の席になったのは

写真AC

 コロナ禍で迎えた卒園式。転勤族だったので、次男がその幼稚園に通ったのはわずか1年。しかもコロナ禍で、大きな行事もなく、私は幼稚園のママ達とは、送り迎えの時に顔見知りの人と会釈するくらいの関係でした。

 卒園式の会場で隣の席になったママさんも息子と同じクラスではありましたが、はじめましての人。小さい赤ちゃんを抱っこしていて、たくさんの荷物を抱えていていました。「赤ちゃんがいると荷物も多くなるし、大変だよなぁ」と思いながら会釈をし、席につきました。

 卒園式が始まると、隣のママさんがバックの中をあさって必死に何かを探しているようでした。赤ちゃんを抱っこしていたこともあり、大変そうに感じたので
 「何かお手伝いしましょうか?」と声を掛けました。
すると申し訳なさそうに
 「カメラを忘れてきてしまったようで… うちの子を撮ってもらえませんか?」と言われました!

 一瞬、訳が分からなくなり固まりましたが
 「あっ、次がうちの子です」と焦った様子のママさん。もういろいろと考えている時間はありませんでした。
 「わかりました。任せてください!」気が付くと私は、卒園証書をもらうその子に向けて必死にシャッターをきっていました。

写真AC

 今、落ち着いて考えれば卒園式は写真屋さんも同席していて、写真販売もあるはず…。
 でも、その時はそんなことは全く考えられませんでした。 子ども達にとっては人生で初めての節目になる、幼稚園生活最後の日。そんな日をしっかりと思い出に残してあげたいと思う気持ちはどの親も同じです。

 写真を撮り終わった後、何度も
 「ありがとうございます」と安心した様子でお礼を言うママさんを見て、わたしも心からホッとしたのを今でも覚えています。

写真を渡しに公園へ

 後日写真を渡さなくてはならなかったので、卒園式の日は連絡先を交換して別れました。数日後、子ども達を遊ばせながら、公園で直接会って写真を渡すことになりました。
 「本当にあの時はありがとうございます!」とお礼の品を持ってきてくれたママさん。

 「落ち着いて考えたら、写真販売の業者の方もいたし、携帯もあったし…」確かに!
 「でも、私もその時は必死で撮っていました」とその時の私たちの様子を振り返って2人で大笑いしました。

 子ども同士も幼稚園で仲がよかったことが分かり、私たちの会話は弾みます。気が付けば公園で2時間半ほどおしゃべりをしていました。

出会いを大切に

写真AC

 お互いの子どもが通う小学校は違ったのですが、卒園式の出来事がきっかけで、そのママさんとは今でも時々連絡を取りあっています。
 まだまだコロナ禍という事もあり、頻繁には会えませんが、予定を合わせて子ども達も一緒に公園で集合して遊んだりしている仲です。

 まさか、偶然の出来事でこんな素敵な出会いが待っていたなんて! ママさんがカメラを忘れてくれてよかった。幼稚園最終日の卒園式で、まさかのママ友ができました。思わぬ出会いってあるのですね。
 一期一会。これからもこの出会いを大切にしていきたいです。

(ファンファン福岡公式ライター / はすゆき)

あわせて読みたい
「お下がりの制服があるよ!」 ママ友の言葉を信じたら大変なことに 当時、息子は一人っ子。年の近い兄弟を作ってあげたいという希望はあったものの、なかなか叶わず、「寂しい思いをさせているではないか?」と感じていました。出来るだけ同年代のお友だちと関わらせてあげたいと思い、ママ友との関係を大切にしていたつもりでした。そんな中、長男が幼稚園に入園する時の苦い思い出の話です。
あわせて読みたい
卒園式直前にインフルが流行! 自分勝手な保護者に戦々恐々  卒園式の前にインフルエンザB型が流行し始め、わが子が感染しないように配慮するママたち。そんな中で、自分勝手なママが取った行動は、許せるものではありませんでした。
あわせて読みたい
笑顔で送り出して! 卒園式で号泣する担任の先生に苦笑 幼稚園の卒園式は、子どもたちとその保護者が主役。それにもかかわらず担任の先生が号泣してしまった場合は大変です。子どもたちが不安になってしまうのはもちろんのこと、記念撮影すらままならなくなってしまうという大事態に…。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

  • URLをコピーしました!

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる